JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

ハムの欧文と和文

同じモールスだけど。
ハムでは欧文と和文は、まったくのベツモノ。

今時の交信における欧文は、基本的にコールサインさえ聞きとれればそれだけでなんとかなるけど、和文はそうはいかない。

和文の場合、和文はもちろんだけど、欧文も一文字たりとも取りこぼさずに聞き取れないことには相手が何を言っているのかわからなくなるし、それがどんなにクセの強い手送り符号だったとしても人間が理解できる符号なら、そのすべてを聞き取れないことには、まぁつまらない。

しかも、旧1アマ程度の速度は難なく聞き取れることは必須で、併せて暗記受信ができることも必要。

コールサインだけが聞きとれればなんとかなる欧文と違って、和文は高速に流れるすべての符号を完璧に聞き取れないことにはどうにもならないので、欧文と比較できないほどの練習時間が必要で、ホント、欧文と和文はベツモノ。

とはいっても、欧文には欧文の楽しみ方があるし、599BK だけの通信でもしばらくは楽しめると思う。
まぁ、目的や目指す方向がそれぞれ違ってたりするけど、モールス好きのわたしとしては、やっぱり和文は最高におもしろい。

モールスが日本語で聞こえるようになったら絶対に楽しいし、そうなることでモールスそのものがいっそう愛おしく思えるはず。

わたしは和文を聞くことが大好きなので、これまでも生活の中で手軽に和文が聞けやしないかとライフワークにして模索してきたけど、今のところは「最新ニュースを和文電信で bot する」でいつでも和文が聞ける環境ができたことで、まぁ落ち着いている。

f:id:JH1LHV:20180826161958j:plain

やっぱり、わたし自身が「モールス = 和文(和文+欧文)」だと頑なに思っているところがあったりするので、モールスというものに関わってしまったというハムには、和文まで突き進んでほしい。

まったくハムを知らない人に、「モールスやってるよ 」っていうと、大抵の人は、「へ~、モールスで話しができるんだ・・・」って返してくるし、みんなそう思ってる。

これがモールスに対する世間の認識だし、こんなことからも、モールスってそういうものだと思うし、モールスで会話することは自然の流れのような気がする。

欧文とまったく違った和文。
年々、聞き取れる人が少なくなってきているようで、ホント寂しさを感じている。

とはいっても、

和文を聞くことだけは、たとえ一人になってもできることなので・・・
この先も今と何も変わることなく、ただひたすらに、聞き続けていくだけなんですが。


 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

ハムのカタログ

ハムフェアでもらった TS-890 のカタログ。

こういうカタログってディープな専門用語が多くて書いてることが難しい。
たった数ページだけど、しっかり読もうとすると何十時間も必要。

f:id:JH1LHV:20181112213938j:plain

カタログの写真以外の文字といったら、もう難しい専門用語のオンパレード。

「3つのダイナミックレンジ特性でもトップクラスを実現・・・」

  • 三次相互変調ダイナミックレンジ
  • レシプロカルミキシングダイナミックレンジ
  • ブロッキングダイナミックレンジ

f:id:JH1LHV:20181112214031j:plain

・・・って、それぞれ、いったいなんだ?

「これでなにがどう変わるんだ。」
「こんな専門用語は4級ハムの教科書にも試験にも出てこないぞ。」
「1アマの教科書にもまったくでてきやしない。」

と、カタログだけど・・・
カタログに書いてることがわからないという、なんとも奇っ怪な現象。。。

まぁ難しいことがたくさん書いてあった方が、それだけ凄い機能に思えて・・・
それだけで、販売も促進するんだろうけど。

カタログの紙質もそれなりに厚くて艶もあるし、ばっちりインスタ映えしてる。
カッコよく写った TS-890 が表紙のこのカタログ、なんかわからないけど・・・凄そう、なんてね。

これが、ぺらぺらの A4用紙に白黒印刷じゃ、やっぱダメなわけね。


■ ■


見た目豪華なカタログよりも、メーカが発表する新たな技術をもっと詳細に知りたい・・・
という、そんなハムも意外に多いと思うんだけどなぁ。

ハムフェアで各メーカのブースをうろついてたら、ディープな質問してる人が結構いたよ。
説明者が営業担当だったのか、「 技術担当呼んできます 」なんていう、そんなやりとりが頻繁に聞こえてた。

そんな新しい技術に食い気味で質問している人たち見てたら、ハムフェアに足を運ぶハムってみんな技術が好きなんだなぁって嬉しく思えたり。

で、再びカタログの話しに戻すけど。
わたしの願いとしてはぺらぺらな紙でいいから、もっとページ割いて専門用語の解説を載せてほしい。

ハムの本には最新カタログに載ってるような技術なんてあんまり書かれてないからね。
たとえ書いてあっても概要ぐらいだし、せめてメーカのカタログには、「初めてハムになりました」っていう人にもわかるような解説があってもいいと思う。

だってムセンキを買ってもらいたい対象者って免許取ったばかりのハムなんでしょう。
だったらそういうハムにもわかるように解説するのは当たり前のことだと思うんだけどなぁ。

開発者が直接関わるメーカのカタログだからこそ、その設計思想を含めた技術的な解説を、4アマにもわかるような書きっぷりで正確に教えてほしい。

せっかく工学を学んで免許取ったんだから、これから買おうとするムセンキがどんな技術で動いているのか、ちゃんと知りたいからね。

ハムになる人って家電量販店でカラーテレビを選んでいるような人たちと根本的に違っていて、ホント技術が好きだからね。

それこそ30年も40年も趣味はハム一筋っていうなら、その長いハムライフの中で発表されてきた最新ムセンキのカタログを読み解きながら歩んできたわけだから、それなりに技術も蓄積されてると思う。
そういうハムなら、今時のカタログも難なく読みこなすことはできるでしょう。

だけど、ハムの経験が少なかったりすると、各社のカタログのスペックを比較しながら自分の運用に合ったムセンキを選択するって難しいよ。

今のカタログって、それこそ一部の OM だけがわかればいいというような書きっぷりになってるから、まぁ初心者ハムには優しくないからね。

もはやインスタ映えするカタログの、その見た目の豪華さだけが購入時のチェックポイントだとすると・・・それはもうとっても寂しいことだよ。

昔は CQ 誌も技術誌だったから毎月しっかり読んでいればカタログの内容くらいは自然に理解できた。
それにホントの意味での技術誌、ハムジャーナルも発刊されていたし、そこにはディープな技術がアマチュアにもわかるようにかみ砕いて詳細に解説してあった。

そして、OM と呼ばれる人たちは、みんなこういう雑誌を購読してたし、
休日の 14MHz SSB はメーカから発表された新しい技術を肴に大賑わいだったよ。

 

■ ■


今・・・

ムセンキに搭載されている技術はそれこそ最新技術の集大成。

個人が趣味で技術を追いかける時代じゃないことくらいは、わかってます。
アマチュアが理解できる領域を遙かに超えていることも、わかってます。

それと、専門書籍なら今の方が充実していて、
学ぼうと思えばいくらでも学べる環境だってことも、わかってます。

・・・だけど、どれもがその道のプロが読むものばかりで、ハムには敷居が高すぎます。

もうハムが最新技術を理解するなんてことは、無謀なことなんでしょうか。

カタログの各スペックを正しく理解しようとしたって、どの項目も奥が深くて難しい。
たとえその技術を知ったところで、こんどは修理することも、改造することも、とてもじゃないけどムリだから。

でも・・・やっぱりカタログは読めるようになりたい。

ハムの月刊誌に掲載される数ページ程度の記事じゃ今のカタログなんて読めやしないので、そこはメーカさんにガンバってほしい。

それがムリなら、「無線機カタログの正しい読み方」といったタイトルの、分厚い本でもどこかの出版社さんが発刊してくれたら、とっても嬉しい。

ハムだって、ムセンキのスペックぐらいはちゃんと理解したいからね・・・

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

トランジスタ技術 2018/12

発売日の昨日入手して全ページをパラっとめくってみました。

今月号も基板に関する特集。
だけどこれまでのように KiCad が中心の内容じゃないよ。

基板製造メーカへ発注した基板の品質チェックや、基板を量産する際の設計ノウハウなど、
回路図作成の次のフェーズである基板を発注する際に考慮すべきポイントがまとめられています。

わたしとしては今のところ Fusion PCB しか使ったことがないし、品質的にも十分に満足してますが、それがホントにそうなのか、今度試しに Fusion PCB 以外のところへ発注して、各製造メーカによる品質の違いをチェックしてみたいと思います。

f:id:JH1LHV:20181110194135j:plain

https://toragi.cqpub.co.jp/tabid/851/Default.aspx

今月号にも付録で DVD が付いてきたので、超ウレシイです。
わたしはトラ技を買ったら速攻で DVD を丸ごとイメージファイルにしてパソコンに保管しています。
こうしておくことで、媒体を交換せずとも、いつでもパソコンで閲覧できるので、お勧めです。

付録 DVD のコンテンツ一覧
https://toragi.cqpub.co.jp/Portals/0/support/2018/201812/201812DVDcontents.pdf

部品を取り付ける際の勘所など、動画にして 100本 は収められています。
どれもが数分程度の動画に編集されているので、観るのも苦にならず次々再生していくことができます。

やっぱり「百聞は一見に如かず」で、動画でベテラン職人のテクニックが簡単に盗めるのがイイ。
「おやっ」と思うところがあれば、そこだけ何度も繰り返して再生できるのでホント勉強になりますよ。

 

■ ■ 

 

まだパラっと見ただけだけど、第4章と第5章が気になりページをめくる手が止まってしまいました。

第4章 機能や安全性はいかに !? ネット通販サイトで買える100円モジュールの実力https://toragi.cqpub.co.jp/Portals/0/backnumber/2018/12/p065.pdf

中華の安物ばかり買ってるから・・・気になりますね。


第5章 基板から回路図を描き起こす職人技「リバース・エンジニアリング」https://toragi.cqpub.co.jp/Portals/0/backnumber/2018/12/p071.pdf

過去、出所が不明のムセン基板をリバースしたことがありましたが、こうして職人のテクニックを活字で学べるなんて・・・そんな、トラ技、最高です。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

チップ抵抗の整理

前にチップ部品を入手したことを書きました。
そして近い内に整理する、みたいなこと言ってましたが、今日になってようやっと整理に着手しました。


整理保管済みのチップだけで特に工作していて不足はなかったので補充することもなくそのままにしてましたが、実に半年以上放置していたようです。

 

f:id:JH1LHV:20181109225749j:plain

これからボックスへ格納する、カットテープ群。

f:id:JH1LHV:20181109230237j:plain
抵抗の値はデジタルマイクロスコープで確認です。

チップ抵抗の値はチップの表面に3ケタ又は4ケタの数字で刻印されているので、1/4W の炭素被膜抵抗のようにカラーを読取る必要がないので、値の確認がとっても楽チンです。

とはいっても、1206 の大きさといってもチップはチップ。
肉眼で数字を読取るのは結構キツイです。

まぁチップをハンダ付けするような人はデジタルマイクロスコープは所有してると思うので。

実際のチップ取付け作業ではスコープを上手に活用しながら、

  • チップの値を確認
  • ハンダ付け作業中の確認
  • チップ取り付け後のハンダ状態の確認

などをやりながら、作業を進めていると思います。


f:id:JH1LHV:20181110111335j:plain
カットテープから外したチップ群は、A4 用紙を使ってボックスへ流し込みます。

f:id:JH1LHV:20181110131636j:plain
格納作業終了後に残った、カットテープの残骸。
なんか気持がイイ、光景。

 

ということで、やっぱり 1206 のチップはいいですねぇ~。
手ハンダで楽にハンダ付けできるし、それになによりミスった時の取り外しが簡単ですから。

1206 のチップ。
趣味の工作の主流になるんじゃないでしょうか。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その35~

この休日にハンダ付けをやりましたが、基板に何点かミスを発見しました。

f:id:JH1LHV:20181105152410j:plain
この写真の Arduino は Mega 2560 です。

①ポテンショメータのフットプリントの端子番号ミス

フットプリントの端子番号が逆になったようで、時計回りで速度が遅くなってしまいました。
(右回転で速度が速くなるのが正しい。)

 → フットプリントのピン番号を修正

  

f:id:JH1LHV:20181106205612j:plain

これが正しいピン配置です。

 

②ミニ DIN ソケット(mini Din6)の端子番号ミス

ミニ DIN ソケットのピン配置を PS/2 用に変換しなかったためキーボードが使えませんでした。

 → フットプリントを PS/2 のピン配置に修正

f:id:JH1LHV:20181106210117j:plain

ドキュメントには「PS2用で使うときはピン番号を次のように読み変えろ」ってしっかり書いてありました。

 

③ミニ DIN ソケットがシルク印刷の枠にピッタリ合わない

前回の基板チェック時に確認済み

 → フットプリントを修正

 

④3.5mm 小型ステレオミニジャックの端子番号ズレ

2番と3番が逆になってました。

 → シンボル(部品)のピン番号を修正(フットプリントはそのまま)

 

f:id:JH1LHV:20181106210929j:plain
Top

パドル側の配線でどうにかなりますが、やはりジャックの Tip、Ring、Sleeve は確実に合わせるべきなので修正です。

PCB をレイアウトしてる時にもテスターでジャックの各端子を確認したつもりだったのですが・・・ミスってました。

 

⑤基板の LCD 取付け穴と、LCD モジュールの四隅の穴が微妙に合わない

 → 基板の I2C 取付け穴(4ピン)を 2mm 内側へ移動、修正

 

f:id:JH1LHV:20181106213753j:plain
基板と LCD1602 は 15 mm のスペーサを使って固定します。
写真では白色のスペーサを使いましたが、黒基板なので黒色のスペーサの方が見栄えはイイと思います。

 

LCD1602 を基板に取り付ける

f:id:JH1LHV:20181106214035j:plain
I2C 用として4ピンのロングピンソケットを付けて LCD1602 を取り付けます。
 

f:id:JH1LHV:20181106213309j:plain

I2C モジュールの L 型ピンを外して一般的な垂直ピンに交換します。


f:id:JH1LHV:20181104205042j:plain
ピンを交換後に LCD1602 モジュールに取り付けます

 

これ以外の修正としては、
圧電スピーカを鳴らすだけなので、スピーカを鳴らすために使っているトランジスタとコンデンサを取り外して回路を簡略化することにしました。
音としては圧電スピーカより普通のスピーカを使った方が綺麗ですが、基板の大きさから考えてもスピーカを載せられなかったので、いっそのこと余分な回路はカットすることにしました。
とはいってもこの端子にスピーカを接続してもモニターとして十分な音量が出力されることは確認しているので、外付けスピーカを付けるのもいいかもしれません。

その他、基板の実装に関係するような機能だけはザックリですが確認しておきました。
各種コマンド動作やメモリ機能、送信機切替え、CW Decoder 機能なども確認してみましたが、特に問題は見つかりませんでした。


f:id:JH1LHV:20181105152004j:plain
起動時の「K3NG Keyer hi」メッセージ
 

f:id:JH1LHV:20181105155759j:plain
CW Decoder 機能の確認
Learning Morse の出力をパソコンのフォーンジャックを介して Decoder ジャックに入力。
モールス音に合わせて青色 LED が点灯し正しくデコードしました。

 

こうしてみるとミスの大半がフットプリント周りのこと。
実際のパーツを実測しながらピン番号を間違わないようにと十分に意識しながら作ったはずなのですが・・・結局は注意不足でミスが発生です。

まぁ前回の書き込みでも言いましたが、これは仕方ないかなぁ~って思ってます。
最初から1回で上手くいくとは思ってないし・・・2回目からが本番ですから。

ということで、今回のミスをすべて修正した新たな基板を、昨日中に発注しておきました。

 

f:id:JH1LHV:20181106212415j:plain

2018/11/05 Fusion PCB へ発注済み

 

今度の基板は、前回よりはイイ感じになってる・・・と思います。

到着までの数週間、楽しみに待つとします。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その34~

Fusion PCBに発注していた基板。
もうずいぶん前に到着してましたが、最近といえば Pythonista ばかりを弄ったりしていたもので、今日の今日まで封も切らずに放置してました。

もう、さすがに中が気になり、開封です。

f:id:JH1LHV:20181101213033j:plain


今回の基板では Arduino Uno や Mega でも使えるようにピン配置は同じにしてるので、最後にこれらのマイコンでも動作するか確認してみたいと思います。

で、到着した基板が回路図通りになっているか各ピンの導通チェックでもやっておこうかと思ったのですが、取り付けるパーツ点数も少ないこともあって、このチェック作業が逆に面倒に感じてしまい、もう全部取り付けて動かない時にでも調べればいいや、とチェックすることは止めました。

パーツを付けた後に基板にミスが見つかったりすると、それが修正できないほどのものだったりするとパーツのすべてが基板とともにムダになってしまいますが、最初から1回でうまくいくなんて思ってないので、こんな事態も織り込み済みです。

まぁ、それでなくてもパーツの足が上下逆だったとか、パーツ同士がぶつかってしまうとか組み立てていかないとわからないこともあったりするので、今回は試作の位置づけで、ユーザインターフェスも含めてこの先少しずつ改良していけたらいいかなぁって思っています。

とはいってもホント最低限のチェック、
デカものパーツのピンが基板の穴にピッタリ収まるかだけは確認しておきました。
少なくともハンダ付けの途中で「パーツの足が合わなくて終了」という事態だけは避けたいですからね。

f:id:JH1LHV:20181101213350j:plain

ざっくりと大きなパーツだけ配置してみました。

 

f:id:JH1LHV:20181101214636j:plain

この時点でもうミスを発見です。
PS/2 コネクタのシルク印刷で前後を間違えてしまったらしく、ご覧のとおりカッコ悪いことになってしまいました。(シルク印刷の枠にピッタリパーツが収まらない。。。)
ピンの配置上は問題なしですが、もう早くも次回の基板発注の修正案件が確認されました。。。
これは、フットプリント作成時のミスです。。。

今後もケーシングを見据えたボタン配置や、なんだかんだと・・・
見栄えや操作性を考慮しながら何度もこんなことを繰り返えすんだろうな、と覚悟しながら・・・
まぁ、楽しみたいと思います。

ということで、実際のハンダ付けは今週末にでもやってみようかと思っています。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

ハードウェアハッカー(技術評論社)を読む

今月19日に発刊したばかりの、こんな書籍を amazon で買いました。
技術書というより読み物って感じです。

f:id:JH1LHV:20181024234925j:plain

A5判/440ページ、定価(本体2,380円+税)

世界的なハードウェアハッキングの第一人者、
アンドリュー・バニー・フアンの実体験をもとに書かれた一冊です。

設計の後の大変さがよくわかる、Chumby 開発秘話も盛りだくさん、ホント面白いためになる本です。

1部(全4部11章構成)を読み始めたばかりですが・・・
中国の深センって凄いところなんだってことがわかりました。

深センのビジネスの仕組みや知財の考え方を知ることは、中華に騙されないためにも必要な知識です。
しっかり熟読し肝に銘じて対応していきたいと思います。

 

■ ■

 

わたしは、中華に PCB を発注したり、AliExpress からパーツを大人買いなんかしてるけど。
この本読んでたら、これって必然的なことだったんじゃないかと思えたりしています。

勢いがある深セン・・・このままアキバが衰退しそうで、コワイ。

 

■ ■ (2018/10/28 18:55 追記)

 

svs100.com

この記事も上記書籍とあわせて読んでおくことをお勧めします。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ