JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

Stripboard を使って Antenna Analyzer を作る ~その7~

1年ぶりの Antenna Analyzer ネタです。

 

DG7EAO さんのスケッチのままだとアマチュアバンドごとの設定ができないので。。。

マルチバンドのアンテナ使いには何かと不便です。

 

今日はこの不便さを解消すべく、

バンド選択が可能なスケッチを Arduino に書き込んでみたので、その備忘録です。

 

f:id:JH1LHV:20170430154345j:plain

4バンド用ってことは分かるけど・・・バンドの詳細が調査できないとなると。。。

 

f:id:JH1LHV:20170430154414j:plain

右側のボタン押下で最小の SWR を中心に数メガ幅で再表示はするんですが、

調査したいバンドが任意に選択できないのは、やはり致命的ですね。

 

ということで、

本体を改造することなくスケッチを入れ替えるだけで、任意のバンドが選択できるという、

そんなスケッチはないものかとネットを探してみたところ、幾つか見つけることができました。

 

まず、SP3NYR さんのプログラムからです。

sp3nyr.itserwer.pl

 

f:id:JH1LHV:20170430160927j:plain

 

この HEX ファイルを落として、Arduino nano に書き込んでみました。

f:id:JH1LHV:20170430161249j:plain

HEX の書き込みは、この XLoader を使うと簡単です。

 

f:id:JH1LHV:20170430154615j:plain

f:id:JH1LHV:20170430154810j:plain

結論から・・・画面の一番上に一本の線が表示されるだけで正しくアナライズしてくれません。

ハード面については思い当たること全てやってみたのですが、結局上手くいきませんでした。

あとはスケッチに書かれているコードが気になりますが・・・

HEX ファイルが提供されているだけなので、もうこれ以上は何もできません。。。

 

続いて、HB9FG さんのとこにあるスケッチです。

(結論から・・・これで上手くいきます。)

 

Analyseur d'Antenne à partir d'une idée de DG7EAO

f:id:JH1LHV:20170430152408j:plain

この、DDS_sweeper_BT-TYJ_2.37.ino を落とします。 

 

f:id:JH1LHV:20170430162737j:plain

f:id:JH1LHV:20170430162743j:plain

アナライザの構成(回路)に合わせて、スケッチを少し修正します。

 

f:id:JH1LHV:20170430163607j:plain

コード内のコメントによると、

バンド選択等のスケッチ修正は HB9TYJ さんが行ったようです。

 

f:id:JH1LHV:20170430163623j:plain

左ボタン押下でスイープ開始です。

1~30メガ全体がアナライズされます。

 

f:id:JH1LHV:20170430163644j:plain

40m(7メガ帯)の SWR です。

 

右ボタンを押下するごとに、

   160m→80m→40m→30m→20m→17m→15m→12m→10m→6m→1~30MHz→

を繰り返します。

バンド選択後は右ボタン押下でスイープを開始します。

 

f:id:JH1LHV:20170430175854j:plain 

これは、便利になりました。

HB9FG、HB9TYJ の両 OM に感謝です。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

RS-918SSB HF SDR Transceiver(mcHF)で遊ぶ ~その2~

RS-918SSB とパソコンを接続して、SDRuno で CW を受信してみました。 

中身が SDR なので ミニ USB ケーブルを1本接続するだけです。

 

f:id:JH1LHV:20170428171010j:plain

USB オーディオインターフェースとして認識するので、

オーディオケーブルをパソコンのマイク端子に接続するといった煩わしさはありません。

 

f:id:JH1LHV:20170428171840j:plain

RS-918SSB とパソコンを USB ケーブルで接続すると勝手にドライバが入り、

サウンドの録音タブに「USB Interface mcHF」が追加されます。

 

f:id:JH1LHV:20170428190055j:plain

とりあえず CW は受信できましたが。。。スペクトラムが変ですね。。。

RS-918SSB の設定が正しくないのかな。。。

 

さらに調査する必要がありそうですね。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

RS-918SSB HF SDR Transceiver(mcHF)で遊ぶ ~その1~

mcHF といえば M0NKA 氏が設計したオープンソースな HF SDR QRP のキットですが。

 

最近、このキットの完全クローン、しかも完成品が、

中華の Quanzhou Risen Electronics  から発売されたようで・・・

どうしても自分の手で触ってみたくなっちゃって・・・ポチっとしてしまいました。

 

f:id:JH1LHV:20170419230022j:plain

ケース入りの完成品にも関わらず約4万円と大変リーズナブル。

しかも出力はフルで15W・・・凄いの一言です。

 

本家のキットだと、

  • SMD パーツ等のはんだ付け
  • パワーモジュールなど自分で調達が必要なパーツあり
  • PC を使ってブートローダやファームウェアの注入
  • ケースの調達(穴あけ加工....)
  • キットの価格は3万円以上

などなど・・・

ハムならフルキットを買って、いちから製作するってのも "あり" だと思うのですが、

今のわたしは大変忙しく・・・とてもそこまでの時間が持てないのです。。。

 

・・・って、早く触りたいだけだったりしますが。

 

まぁ、ソース弄って遊ぶこともできるし、

PC 繋いで SDR もできると思うし、ホント、いろいろ遊べる気がします。

 

f:id:JH1LHV:20170419231453j:plain

配送は LDX(日本では佐川急便)で、注文して1週間程度で到着しました。

Quanzhou Risen Electronics 社とは何度か問い合わせ等でメールしましたが、

休日でも全ての返信は1時間以内で返してくれるし、

発送後のトラッキングの通知も迅速だし、

極めて良心的な販売元だと思いました。

 

f:id:JH1LHV:20170419214743j:plain

箱はこのとおり、少々いびつになってましたが。。。

 

f:id:JH1LHV:20170419214837j:plain

本体が入っている箱は、

 

f:id:JH1LHV:20170419214905j:plain

このとおり綺麗で・・・箱の潰れは少しもありませんでした。

 

f:id:JH1LHV:20170419214926j:plain

箱の中はあっさりしたもんです。

取説含めてペーパーらしきものは1枚も入ってませんでした。

まぁ、ブロックダイアグラムやマニュアルなどの資料はここで落とせるので・・・別に構いませんが。。。

 

f:id:JH1LHV:20170419215011j:plain

本体の他には電源ケーブルやマイク、BNC-Mコネ変換等の必要最小限の付属品が同梱されてました。

 

f:id:JH1LHV:20170419215613j:plain

大きさが分かるものと一緒に写真を撮ればよかった。。。

横19cm、縦7cm、厚み4.5cm (コネクタ等の突起無視)

 

f:id:JH1LHV:20170420235451j:plain

しっかりした筐体なので、重さは 596g あります。

 

f:id:JH1LHV:20170419220225j:plain

我慢できずに、電源(13.8V)を投入して ON してみました。

 

f:id:JH1LHV:20170419220321j:plain

ファームウェアのバージョンが 2.2.3 でした。 

 

DF8OE 氏のサイトにあるファームウェアの最新バージョンが 2.2.0 なので、

この2.2.3は Quanzhou Risen Electronics バージョンなのかな。

今はよく分かりません。。。

 

github.com

f:id:JH1LHV:20170419221829j:plain

 

ということで、

取りあえず届いた荷物を開封して電源だけは入れてみました。 

 

この先の作業としては、

この RS-918SSB を使って実際に交信するか分かりませんが、

ソースを国内仕様に修正・書込みして TSS 経由で免許申請だけはやっておこうかと思っております。

 

それにしても、ここ東京に戻ってからというもの・・・

帰りも遅くて・・・自由な時間もない。。。そんな今日この頃です。。。

 

------------- 2017/04/28 以下追記 -------------

Mchf-GitHub by df8oe

f:id:JH1LHV:20170428165628j:plain

firmware 2.2.3 ですが、

DF8OE 氏のトップページのリンクからダウンロードすることができました。

マウスカーソルを赤枠内の文字に持ってくると、最新の mchf.bin がダウンロードできます。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

Arduino デバッグ環境を強化する ~その2~

先月バージョンアップした Visual Studio 2017 Community に Arduino IDE for Visual Studio を新たにセットアップしてみました。

 

基本的には以前の書込み通りで、何ら問題なくインストールすることができました。

jh1lhv.hatenablog.jp

 

VS2015 は VMware 環境下で 32bit の Win7 で動かしていたのですが、

この同じ環境下で VS2017 がインストールできなかったので、

仕方なくホスト PC の 64bit Win10 にインストールすることにしました。 

 

f:id:JH1LHV:20170416121218j:plain

動作環境として問題ないと思うのですが・・・OS が 64 bit じゃないとダメなのか、

それとも間違ったインストーラーをダウンロードしてしまったのか・・・

ホスト PC にインストールできたので、「まぁ、いいか」って感じです。。。

 

VS2017 がインストールできたら、

後はプラグインを落としてきてダブルクリックするだけです。

 

Arduino IDE for Visual Studio - Visual Studio Marketplace

 

f:id:JH1LHV:20170415003704j:plain

 

・・・で、

新たにインストールした環境で Arduino IDE for Visual Studio のライセンスキーを入れようとしたら、

今度は「ライセンスはすでにマックスだ!」と弾かれちゃうし。。。

 

f:id:JH1LHV:20170416172646j:plain

わたしのライセンスキーは PC 1台用なので、

新たな環境で永続的に使用するには VS2015 側のライセンスを一旦無効化してもらう必要があります。

ライセンスの無効化はメールで受け付けてくれるそうで。。。

 

f:id:JH1LHV:20170416172400j:plain

ここに書かれているメールアドレス宛てにライセンスキーの無効化をお願いしてみたところ、

数時間後に、

「ライセンスが更新され、新しいPC上で使用することができます。」 

という内容のメールが届きました。

 

この後なら VS2015 で使っていたライセンスキーも通り、

ステータスも「REGISTERED」になり、

再び VS2017 環境でもフル機能でデバッグができるようになりました。

 

f:id:JH1LHV:20170416172659j:plain

ということで、

VS2017 環境にライセンスを移行することができました。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

アキバで開催の「技術書典2」に行ってきた

Twitter で「技術書典2」があることを知ったので、小雨でしたが行ってきました。

 

techbookfest.org

 

今日一日だけの開催でしたが、総来場者数が3000人を超えたとか。

 

サークル参加は学生さんが多いかな。

会場内の熱気はコミケ(1回しか行ったことないけど)そのもの。

 

会場はそんなに広くないので、

入口で2列ずつの入場制限をかけながら会場内へ誘導してました。

 

f:id:JH1LHV:20170409203719j:plain

JR 秋葉原駅前のアキバ・スクエアでの開催です。

 

f:id:JH1LHV:20170409203943j:plain

マニアックな技術やそのノウハウを詳細に書き記した技術書たちが所狭しと並んでました。

 

f:id:JH1LHV:20170409203647j:plain

今日わたしが買ってきた技術書たちです。 

プログラミング系の本も沢山並んでましたが、今日のわたしはご覧のとおりのハード寄りです。

 

明日発売のトラ技は、書泉で買ったんですが 

新潟だと2日後の11日にしか手に入らないので、さすが東京って感じです。 

 

いいこともあるさ。。。 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

久々の更新です

お久しぶりです。

新潟での単身赴任が終了して東京に戻ってまいりました。

 

仕事も大きく変化して、単身の時のような自由な時間もすっかり無くなり

こうしてブログをひと月も更新しなくなるなんて・・・

それほどまでに環境が変わってしまったことに、自分自身が一番驚いています。

 

あれだけ退屈だった新潟での生活が

東京という都会の忙しさに、もう懐かしくさえ感じてしまいます。

 

まぁ、東京に戻って2週間が過ぎ、なんとか新しい生活にも慣れて、

今日からまたブログが更新できるほどにモチベーションも回復しました。。。Hi

 

新潟では広すぎる部屋を一人で使っていたこともあり

中華から購入したパーツ類も・・・想像を超える量に膨れ上がっていて、

東京の手狭な部屋には収納しきれずに・・・数年使ってないものは全てポイしました。

 

ということで、

無線と工作が思いっ切りできるように・・・机の配置を変えたり・・・

部屋の模様替えの真っ最中です。

 

f:id:JH1LHV:20170407232505j:plain

先月届いたキット類にも手付かずの状態で・・・(ホントはこの倍、届いてます。。。)

 

もうしばらくは、ブログの更新も・・・ハムの交信も・・・滞ってしまいそうですが、

まぁ、ボチボチやっていくことにします。

 

だって、仕事で捕らわれた心と体を、

優しく解放してくれるのは、和文電信の音色とハンダの匂いだけですから。。。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

Raspberry Pi Zero W がやってきた!

Raspberry Pi Zero W が到着しました。

2月28日の発表と同時に PIMORONI に注文していたものが本日到着しました。

 

f:id:JH1LHV:20170307210044j:plain

f:id:JH1LHV:20170307211724j:plain

日本円で約1,900円也です。

 

f:id:JH1LHV:20170306214050j:plain

Raspberry Pi Zero W = Raspberry Pi Zero + 無線機能( Wi-Fi、Bluetooth)

 

f:id:JH1LHV:20170306214219j:plain

イギリスからの直接購入なので技適マークは期待してなかったのですが・・・付いてて驚きました。

(現時点、技術基準適合証明番号は未取得状態であり使用は控えるべきとのこと。)

 

国内のショップでも今月中旬から購入できるとのことですが、

これまでの流れからも暫くは入手困難になるんじゃないかと思います。

 

送料分が少し割高になってしまいますが、

すぐにでも Wi-Fi/BLE で Linux を試してみたいという方は、

わたしのように海外から直接購入してみるのも一考ではないでしょうか。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ