JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

Raspberry Pi 電源コントローラ基板を発注する

前回の続きです。

結局、土曜日に PCB まで描き上げて基板の発注を済ませました。

 

で、今回の発注先を何時もの Fusion から Elecrow にしてみようかと迷ったのですが・・・

結局は最後の最後で慣れてる Fusion PCB に発注してしまいました。 

(最近の国内事情では Elecrow が人気みたいなので、とっても気になるのですが。) 

  

f:id:JH1LHV:20171128215056j:plain

こんな感じになりました。

もっと精査してコンパクトに配置できたと思うけど・・・この作業はキリが無いので。。。

早く発注したいこともあって、必要以上にアートワークに時間を掛けませんでした。

この基板で上手くいったら、次は SMD にして小さくまとめてみたいと思っております。

(この RasPi の電源コントローラの需要は高いと思うので。)

 

f:id:JH1LHV:20171125234049j:plain

発注前に必ず確認しておくこととして、

原寸で印刷した PCB の上にパーツを置いて、ピンズレなどが起きてないか確認しておきます。

これ、やらないと後で泣きを見るから。。。

 

f:id:JH1LHV:20171128215215j:plain

現在、キャンペーン中とかで、

基板は5枚と少なめですが、送料込みで 880円 とお安くなってるみたいです。

 

f:id:JH1LHV:20171128215225j:plain

これ、昨日のステータスですが、早くも「出荷済み」になってます。

 

Yahoo!ニュースを和文電信で流すだけのことですが、やり始めるといろいろ発展しますね。

ということで、しばらくは、このプロジェクトで楽しめそうです。 

 

  

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

最新ニュースを和文電信で bot する ~その5~

モールスの Speed 調整と LCD 表示の実装です。

 

f:id:JH1LHV:20171125122033j:plain

I2C で簡単に表示。

---memo---
I2C デバイスのアドレス確認は、RasPi のターミナルで以下のコマンドを実行する。

$ sudo i2cdetect -y 1

 

f:id:JH1LHV:20171125122108j:plain

和文中の英文字はハムの運用どおりにカッコを付けることで対応しました。

 

f:id:JH1LHV:20171125125358j:plain

Speed 調整にタクトスイッチを使ったので、音量調整の方もアナログな VR からデジタル POT に変えてタクトスイッチで調整できるように変更しようかと思案中です。 

 

あと、電源ですね。。。

RasPi には電源オンのスイッチも、シャットダウンする時のスイッチもないので。。。

電源断する度に PC からリモートで入って shutdown コマンドなんて打ってられないわけで。

何か手立てを。。。ということで調べたら、ATXRaspi というユニットが販売されてるようで。

これ使えば、電源周りのことはすべて解決しそうですが・・・

海外ものなので、送料入れたら・・・結構、高くついちゃうので・・・取りあえず、却下。

 

で、いっそのこと、作ってしまおうかと。

それでネット探したら同じようなことができる回路を公開しているところがあったので、

早速、コピーして使わせて貰うことにしました。

ATX style power-switch for Raspberry Pi | Bergrans Electronics

 

今、KiCad で回路図コピーしてるところで、近日中に PCB を発注する予定です。

f:id:JH1LHV:20171125132139j:plain

RasPi を GPIO で使う(大抵はそうだと思うけど)なら、この種の電源コントールは必須なんだけど。

国内の Web や書籍で記事が見つからないって・・・とっても不思議なこと。

 

大丈夫なの・・・日本の IoT 。。。

 

  

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

最新ニュースを和文電信で bot する ~その4~

先日実験した Twin-T 回路を Raspberry Pi Zero W に繋いでモールスを出力させてみました。 

発振回路側と RasPi GPIO はフォトカプラで分離してトランジスタを介して接続しました。 

f:id:JH1LHV:20180322234501j:plain

試験ボードのフォトカプラは、TLP627 じゃなく TLP521 を使ってます。

(KiCad でパーツ作るのが面倒だったので、ライブラリにあるもので代用しました。。。) 

この回路だと Twin-T に 4V ちょっとの電圧しかかからないので・・・少々パワー不足の感ありですが、

モールスとしてちゃんと音が出てるようなので、まぁいいかなって。

 

f:id:JH1LHV:20171118170528j:plain

追々・・・基板化でもしようかと考えております。

 

で、実際に Yahoo! ニュース を取得して、和文でモールスを出力させてみました。 

f:id:JH1LHV:20171119111237j:plain

 

こんな感じです。 

 Download

録音の仕方が悪くて、途中音が変化してますが・・・そこは、ご愛嬌ということで。。。 

 

あと、取り急ぎ実装することとして、

モールスの Speed が調整できるようにすることと、

カナ文字ではありますが LCD にニュースを表示させてみようかと思っております。

 

  

 にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

中華で購入したパーツが・・・(トラブル解消)

注文品の中身が空っぽでクレームを入れていたパーツセットですが

本日ちゃんと中身が入って再送されてきました。

 

クレームから10日程で到着したということは、

DM(メッセージ)を交換したショップのお姉さんがすっばらしく良い人で、

ホントはこっちが嘘言ってるかも分からないというのに、顧客の言い分を全て聞き入れて迅速対応してくれました。

 

まぁミスしたのは向こうさんなんだけど、ものはちゃんと届いたし、好感持てる対応とその誠意に応えて

今回は全ての項目で星5つのフィードバックを残すことにしました。

 

f:id:JH1LHV:20171117231604p:plain

これからは、開封前に必ず写真を撮ることにしました。パチリ。

外装に破れもなく、封もしっかりしてあります。

 

f:id:JH1LHV:20171117221350j:plain

バインダーにシート3枚だけ。

厚みがないので・・・手にした時に「またか!」と思ってしまいました。

 

f:id:JH1LHV:20171117221431j:plain

ざっと確認してみましたが、

ショップの広告通りに SMD トランジスタが入っているようなので、まずは一安心です。

 

実は、このまま送ってこないんじゃないかと疑ったりもして、あきらめ半分ではありましたが、

こんなにも早く送ってくるとは・・・嬉しい予想外でした。

 

これで、益々 Ali さんからの購入が加速しそうです。Hi

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

JARL のアンテナ保険

今の私にとって JARL の入会意義を探すとしたら・・・

このアンテナ保険(アンテナ第三者賠償責任保険)に加入することぐらいしか見つかりません。

 

まぁ上がっているアンテナはとってもショボいものですが。

一応屋根の上に上がっているので、いつ何があるか分からないわけで。

 

あの激しい台風の長い一日・・・

このアンテナ保険が、わたしに、心の安堵と安眠を与えてくれます。

 

JARL のアンテナ保険は会員なら誰でも加入できますが、

年1回だけの加入期間内(9/1~12/8)に必ず手続する必要があります。

もし忘れちゃってこの期間を過ぎたりすると、もう一切受け付けてくれないので注意が必要です。

 

f:id:JH1LHV:20171113201229j:plain

タワー敷地一か所あたりの年間保険料は 1,600 円で、来年から賠償支払限度額も見直されたようで、

最大2億円から5億円にアップするようです。

 

保険なんてものは、使わないに越したことはありませんが・・・

明日のことは分からないし・・・備えておくことが大切かと。。。(JARL 会員だしね^^)

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

中華で購入したパーツが・・・(トラブル)

AliExpress に注文していたパーツが到着したんですが・・・。

 

注文したのは下の写真の SMD トランジスタのサンプルブックなんだけど。

f:id:JH1LHV:20171109213047j:plain

 

中を開いてみたら・・・空っぽで。

 

f:id:JH1LHV:20171030212334j:plain

f:id:JH1LHV:20171030212350j:plain

ご覧のとおりの。。。空っぽ。。。 

 

AliExpress からはこれまで数えられないほど色んなもの買って、そりゃぁ時には気になることも多少はあったけど、こんな酷い(中身がない)のは初めてのことで。

 

とは言っても、海の向こうからの購入だし、こんな程度のトラブルはあろうかと、常々意識はしておりましたが・・・

 

で、購入先のショップに中身の入ってない写真を一枚添付してメッセージを送ったところ、

ショップから、

  • 商品は一つ一つ確認しながら送っている。
  • 包装は破れてなかったか。
  • 中身を抜かれた形跡はなかったか。

というような、ショップ側に何の落ち度もないようなことが書かれた返信があったので、

今度はこちらから、

「包装の破れも、抜かれた形跡もない・・・」と、そんなメッセージのやり取りを繰り返すこと数回、最終的に同じものを送ってくれることになりました。(本当に送ってくれるかは分からないけど。。。)

 

まぁ、AliExpress にはバイヤープロテクションという購入者を保護するシステムもあるので、ホントのところ余り心配はしてませんが。

 

商品の代金は AliExpress で一旦預かるシステム(クレジットカード決済の場合)で、顧客が受領確認した後にショップ側に渡るようになっているので、紛争手続きを経て承認してもらえれば返金されます。(とはいっても、絶対に安心って訳じゃないけど。)

 

海外通販の場合は、

  • 商品が到着しない
  • 違ったものがきた
  • 数量が違う
  • 壊れている

といったトラブルは付きものだけど、AliExpress ではこのバイヤープロテクションがしっかり機能してるので、まぁ泣き寝入りすることは少ないと思います。

 

ただ、今回のようなトラブルはちょっとだけ心配がありまして。

荷物が届かないといったトラブルだったら、追跡履歴から届かないことが証明できて承認も得やすいと思うけど、今回のように「到着したけど中身がない・・・」といったトラブルだと、“ない” ことを自分で証明するって難しいと思うし。

 

荷物が届くたびにいちいち写真なんて撮ってられないし。

なんかこっちが嘘ついてるみたいで・・・新しく送ってもらったとしても、なんか後味悪いよねぇ〜。。。

 

まぁ、今のところメッセージのやり取りだけで、代わりのものを送ってくれるということなので(ホントか?)、その言葉を信じて取りあえず紛争手続きは止めときました。

ただこの紛争手続きも購入保護期間内でやらないといけないので、保護期間ギリギリまで待っても届かないようなら紛争手続きしてしっかり返金してもらおうかと思います。

 

で、最後に今回の一件を踏まえて、

荷物が到着したら開封する前に必ず写真は撮っておくべし。ということで。 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ 

 

リフローの失敗を少なくする便利ツール

趣味のリフローで失敗リスクが高くなる要因のひとつに、

クリームハンダを基板に盛る時の分量調整があると思うんですが。。。

 

注射針やピンセット、爪楊枝、縫い針などなど・・・

身近なものを応用しながら適量のハンダを盛っていくのが一般的だと思いますが。

ホント、ちっちゃなランドにハンダを定量塗布するってすっごく難しいよね。。。

 

何かもう少しマトモナ方法はないものかと模索してたんだけど 

ReflowR の購入先と同じ Tindie でハンダディスペンサなるものを見つけたので購入してみました。

 

www.tindie.com

 

このディスペンサってどんなもので、どうやってクリームハンダを盛るのかは、

上のウェブにある動画を観た方が早いと思うので・・・省略します。

 

プロが使うこの種のディスペンサって、空気圧を利用したエアー型が一般的なんだけど。

まぁエアー型だと外付けでエアポンプが必要だったり、動作音も大きかったりと

とっても大げさな装置が必要だったりするので。

 

今回のようなスッテピングモータで制御する方式ってなかなか面白いと思うし。

個人が趣味で使う分にはとってもコンパクトで場所も取らないし、それに音も静かだしね。

あとは性能と使い勝手はどうかってことなんだけど・・・

この一番大事なことが、今のところ未知数で・・・徐々にレポートできるかな。。。

 

f:id:JH1LHV:20171104170131j:plain

送金は PayPal。到着まで1か月くらい・・・だったかな。

20cm × 13cm × 9cm の小さな箱に収まるくらいのコンパクトなディスペンサです。

 

f:id:JH1LHV:20171103160537j:plain

f:id:JH1LHV:20171103160546j:plain

f:id:JH1LHV:20171103160648j:plain

f:id:JH1LHV:20171104165154j:plain

梱包は丁寧で、各パーツは小袋に区分けされています。こういう心遣いは嬉しいですね。

 

で、一番肝心の使用感なんですが・・・まだ、試してないので全く分からないのです。。。

 

残念なことに、今のところ SMD を取り付ける案件がないのです。 

適当な基板に SMD を取り付けて・・・と、試験することも考えたのですが。

付属品をハンダで汚してしまうのが・・・なんかとっても勿体ないような気がしちゃって。。。

 

何か SMD を取り付ける必要がでてくるまで、しばらくはおあずけで。

もう少し、このまま使わず眺めるだけにします。Hi

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ