JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

和文電信 Bot

最新ニュースを和文電信で bot する ~その15~

わたしだけの「和文電信 bot プロジェクト」。 → ウェブから自動で最新ニュースを取ってきて、それを和文電信で聞く、というものです。 いつまでも基板むき出しというのもどうかと・・・アクリル板加工をやってみました。 アクリル板は 3mm で、CNC で切削で…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その14~

わたしだけの「和文電信 bot プロジェクト」、ダラダラ進行中です。で、今回はメインボードに先日到着した「Raspberry Pi 電源コントローラ基板」を取り付けました。もう今回ばかりは基板にミスはないだろうと思っていたのですが・・・一か所、ミスってまし…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その13~

メイン基板にパーツ取り付け。 回路に2か所のミス発見。修正後に期待通りに動きました。(それにしても、1回でうまくいかないなぁ~。。。)ブレッドボードであれこれやって動かした後に、回路図を修正しないから・・・こうなるのだ! 最初は少し手こずりま…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その12~

貧乏暇なし。 寒いし、忙しいしで・・・なかなか趣味に没頭できません。。。 取りあえず KiCad を立ち上げて、和文 Bot 基板だけは仕上げました。 中華の一大イベントである春節前に基板だけは発注しておきたかったので、なんとか急いででっち上げました。 1…

和文電信を聞き続ける

モールスを聞きたいと思ったとき。 欧文ならとっても簡単で、海外サイトから適当な英文をコピーしてきて再生ソフトにペーストするだけ。いつでも手軽に新鮮な素材でモールスを聞き続けることができます。 ところが、和文電信の場合はどうでしょう。 再生ソフ…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その11~

ボタンをひとつ追加して「NHK ニュース」が選択できるように、 それと、LCD を 16×2 から 20×4 にして、より多くの情報を表示できるように変更しました。 RasPi 起動時は「Yahoo!ニュース」を和文電信で流します。 Yahoo!ニュース - RSS トピックスの「主…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その10~

先日のアナウンス通り Raspberry Pi の電源コントロール基板を小さく作り直しました。 今度の PCB では、R、C、D、FET 等のパーツをすべて SMD にして、できるだけ小さく収まるようにラッツネストの配線を試行錯誤してみました。 最初、PIC も SMD にしてホ…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その9~

今日も Raspberry Pi の電源コントローラの話題です。 LED が内蔵されている 16mm の モメンタリスイッチを幾つか購入して取り付けてみました。 16mm LED Momentary SW この手の LED が内蔵された SW なんですが、秋月電子とか Aitendo でも取り扱ってくれる…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その8~

今朝は朝一から格闘。 全くイメージ通りに上手くいかなくて・・・思いっ切りハマりました。。。 PIC に HEX データさえ書き込めればあとは簡単と、高をくくってました。 発注した PCB にミスは無かったんですが、RasPi の GPIO とのインタフェースや、Python…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その7~

Fusion PCB に発注していた基板が到着しました。 11/25 発注で 12/13 到着なので、基板を手にするまでに 19日を要したことになり、今回は到着まで少し時間が掛かってしまったようです。 発注した次の日には Fusion のステータスが ”出荷済み” になっていたの…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その6~

音量調整をアナログ VR からデジタルポテンショメータ(以下、デジ POT)に変更しました。 現在流通しているデジ POT には SPI タイプと各ピンを直接制御するタイプがあるようで、マイコンと一緒に使うなら SPI で制御した方が断然簡単なのですが、今回は CW…

Raspberry Pi 電源コントローラ基板を発注する

前回の続きです。 結局、土曜日に PCB まで描き上げて基板の発注を済ませました。 で、今回の発注先を何時もの Fusion から Elecrow にしてみようかと迷ったのですが・・・ 結局は最後の最後で慣れてる Fusion PCB に発注してしまいました。 (最近の国内事…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その5~

モールスの Speed 調整と LCD 表示の実装です。 I2C で簡単に表示。 ---memo---I2C デバイスのアドレス確認は、RasPi のターミナルで以下のコマンドを実行する。 $ sudo i2cdetect -y 1 和文中の英文字はハムの運用どおりにカッコを付けることで対応しました…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その4~

先日実験した Twin-T 回路を Raspberry Pi Zero W に繋いでモールスを出力させてみました。 発振回路側と RasPi GPIO はフォトカプラで分離してトランジスタを介して接続しました。 試験ボードのフォトカプラは、TLP627 じゃなく TLP521 を使ってます。 (Ki…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その3~

先日のシミュレーション結果を踏まえ、ブレッドボードで実験してみました。 まずは、Twin-T 回路から。 R1=R2=18KΩ で発振周波数は 830Hz なので、 前回のシミュレーション結果と比べて 100Hz ほど高いですね。 実際に基板にパーツ実装する時は、R1=R2=25K…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その2~

Raspberry Pi Zero W に圧電スピーカを繋いで音を鳴らしてみましたが・・・音の濁りが酷くて。 警報音とか何か知らせるための音なら、この汚い音でも我慢できるけど。。。 このまま、この濁った音でモールスを聞き続けるって、チョット辛いものがありますね…

最新ニュースを和文電信で bot する ~その1~

約2年前に中途半端なままで終わっていたことなのですが。。。今さらながら再燃です。 Yahoo ニュースの RSS フィードからニュースタイトルだけを取得して、 それをカナ文字に直して和文電信で流すという、そんな bot を作ってみようかと。 簡単に言えば、新…