JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

RTTY インターフェース

CW メインで運用してますが、本当に気まぐれで RTTY でも電波を出してます。

 

というのも、現在愛用している無線機の FT-950 には最初から FSK モードが付いているので、これを使わないのは勿体ないという貧乏根性、ただそれだけなんですが。

 

あと必要なのは、インターフェース・ケーブルだけということで。。。

早速、インターフェース・ケーブルの作成です。

 

私が開局した30数年前も RTTY で遊んでましたが、あの時は PC-8001 という NEC のパーソナルなコンピュータを使っておりました。

中古で買った PC-8001 を RTTY で使えるように改造したり、デモジを作ったり、BASIC でプログラムなんかも作りました。

(新品の PC-8001 は確か 16 万円だったはず。た、高い。)

 

パソコンの画面に文字を表示させるだけでも、なかなかやっかいで、

デモジに付いてる2つの LED を凝視しながら、交互に点滅するように無線機のダイヤルを微妙に調整する。

文字が乱れながらも、なんとか ”CQ” が復調できた時は本当に嬉しかった。

私の貧弱な装備と腕で「1局交信するのがやっとだった」そんな時代です。

でも、今より楽しかったな~。

夢中になっていた時間が今より遥かに長かった。

あの頃はホント、手間も暇もシコタマかけて、そして苦労して遊んだものです。

 

今は最初から無線機に FSK が装備されてます。

このような恵まれた状況下において、なんの苦労もなく簡単に RTTY にオンエアできることは幸せなことではありますが、有り難みも半減しているのもまた事実です。

 

今は、苦労が少ない分、飽きも早いのかな。

 

ちなみに、私の RTTY 環境ですが、

  Logger32(MMTTY Engine)+ 自作インターフェース

です。

 

f:id:JH1LHV:20130612145652j:plain

このようなインタフェースを作成してみました。

 

パソコンとの接続には、FT232RL(USBシリアル変換モジュール)を使い、フォトカプラ経由で無線機と接続しています。

あと、他のデジタルモードでも使えるように絶縁用のトランスを経由し AF 信号が入出力できるように作成しました。

 

(追記)

FT232RL はなかなか便利なモジュールですね。

アマチュア無線では各種インタフェースの制御に RS-232C を使用する場面が多くありますが、そんな時にこのモジュールは本当に重宝します。