JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

これから CW マニア道を歩もうとしている人達のために

CW マニア道、それは険しくも楽しい道。

本日は、これから CW マニア道を歩こうとしている CW 初学者に向けて、私が進める練習方法について紹介します。

巷には様々な練習方法が発表されていますが、私が進める方法とは・・・

  「とにかく聞くこと」

実はこれだけなんです。

 

モールス受信の技能は聞けば聞くほど上達します。

私はそう信じて聞き続けることを実践しています。

 

過去にモールスの練習に挫折して交信することを諦めてしまった方。

それは単に聞く時間が短かっただけのこと。

素質が無いわけでは決してありません。

安心して、もう少しだけ時間を作って練習して下さい。

 

毎日、少しの練習です。

これを続けることが上達への近道です。

 

まず、最初に言っておきますが、語調法(合調音法)は絶対にダメです。

モールス符号は実際に流れる音を聴いて覚えて下さい。(音感法)

 

ここでは、CW MANIA の姉妹ソフトである Learning Morse を使って練習することにします。

 

紙に書くより「暗記受信」

 

プロの通信士を目指すなら、聴こえるモールスを正確に文字にする(書き取る)ことは必須なことですが、アマチュア無線は交信を楽しむことが目的です。

聞こえるモールスをわざわざ文字に書き直す必要はないでしょう。

近頃のアマチュア無線の試験には通信術の実技試験もありませんし、

最初から暗記受信ができるように練習した方が後々の実践でも必ず役に立ちます。

 

プロの試験では、電報用紙に正確に文字を書き取ることが重要となるため、

その練習方法も『正確に書くこと』に重点が置かれています。

聞こえるモールスに合わせて勝手に手が動き文字を書く。

このような動作が条件反射で行えるまでに訓練する。

これがプロの練習方法です。

そしてプロの実技試験(通信術の試験)では、

誤字は大きくマイナスされるため、数文字の誤字が試験結果に大きく影響を及ぼします。

(1文字間違えるだけで-3点も減点されます。)

 

モールスを聞いて文字を書く動作と、暗記受信の動作は全く違ったものです。

 

プロの練習方法が全てアマチュアに効果的かというと必ずしもそうではなく、交信を目的にしているアマチュアとそのプロの練習方法は違ってもよいと思います。

あまり好ましいことではないでしょうが、アマチュア無線で交信するだけなら、数文字飛ばして受信しても意味は分かるし、会話も成立すると思います。

  

話を戻して「暗記受信」ですが、

実際のモールスを音で聞いて、頭の中だけで文字や言葉にして下さい。

「ピ ピー」と聞こえたら、

「A」と瞬間的にイメージできるくらいに聞き続けるのです。

 

さて、私が推奨するモールスの覚え方ですが、

 

5文字ずつ覚える(必ず、音を聴いて覚えること)

 (例えば欧文なら、A から E の5文字です。)

 

 (1) AからE を順番に何度も聴く  

  ・速度は 10WPM 、スペースは+3の設定にする

   f:id:JH1LHV:20130623153315j:plain

     Download

 

 (2) A から E をランダムで聴く 

  ・速度は 10WPM 、スペースは+3の設定にする

   f:id:JH1LHV:20130623153449j:plain

    Download

 

  ・速度は10WPM 、スペースは+2の設定にする

    Download

 

  ・速度は10WPM 、スペースは+1の設定にする

    Download 

 

  ・速度は10WPM 、スペースは標準の設定にする

    Download

 

要点は、

  1. モールス符号の間隔を十分に空けて練習する

  2. 1の間隔で確実に受信できれば、間隔を標準に近づける

こんな練習を繰返すということです。

 

 

続きは、

また今度ということで。

GL & 73

 

--------------- 追記 ----------------

モールス音源のリンクです。 

jh1lhv.hatenablog.jp