JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

モールス符号の短点、長点の比率は1:3?

今更ですが、Wikipedia で「モールス符号」を引くと、 

国際モールス符号は短点(・)と長点(-)を組み合わせて、アルファベット・数字・記号を表現する。長点1つは短点3つ分の長さに相当し、各点の間は短点1つ分の間隔をあける。また、文字間隔は短点3つ分、語間隔は短点7つ分あけて区別する。

と記述されています。

これは、

  1. 短点の3倍が長点の長さ
  2. 各点のスペースは短点の一つ分
  3. 文字間のスペースは3短点分(1長点分)
  4. 語と語のスペースは7短点分

ということであり、 

すなわち、短点と長点は1:3の関係であるということ。


この1:3の関係ですが、
わたしが初めてモールスを覚えた遠い昔から変な違和感を覚え続けて、今日に至っております。

その昔、電信級という試験があり、
合格するためには1分間25文字の速度のモールスを聞いて筆記で答える必要がありました。
扱える範囲に若干の違いはありますが、内容的には今の3アマに相当するものです。

モールスの速度が遅い(これが問題!)こともあり、
電信に興味を覚えたハムが最初にチャレンジする資格でもありました。

そして、この電信級。
当時の受験者の多くが「この試験の受信は難しい」と感じていたようです。

試験会場で流れるモールスは短点と長点の比率が正確な1:3の符号です。


(当時の電監では、電子的な工作物を使って1:3の正確な符号を作っていたようです。)

実際の試験会場で聞くモールスは、
アルファベットの 「A」 が「トン・ツー」とは聞こえずに、「ツー・ツーーー」と、

少し短い長点と、少し長い長点にしか聞こえませんでした。


このあたりの聞きづらさが、
「電信級の試験は受信が難しい」と言われていたのではないでしょうか。

もちろん初めての実技試験ということもあって緊張もあるとは思いますが、

「短点と長点の比率が正確な1:3の、おそ~いヘンテコなモールス」

を聞かされるんですから、これは聞きづらいに決まっています。

むか~し昔に、そんなヘンテコな電信級の試験を受験して
「トンツーは自分には向かない」
と諦めてしまった皆さん。

決して貴方の受信能力が不足していたわけではありません。 

遅いモールスにもかかわらず、馬鹿正直な1:3の符号


こんなモールスを聞かされたら、誰だって難しいと思いますよ。

こんな聞きづらいモールスが試験科目になっている電信級に合格するため、
とっても聞きづらい馬鹿正直な1:3の符号で練習する・・・。

こんなヘンテコなモールスばかり聞いていたら上達するものも上達しませんよ。
そして、やがては「モールスは難しいもの・・・」へと変わって行く。。。

ホント、昔の電信級の実技試験はしょうもないものだった。

今、ハムからそんなしょうもない実技試験がなくなったということ、ホント朗報です。

まずはサクッと3アマに合格して、
そして後からじっくりと、少し速めのモールスで練習すればいいのです。
 

遅いモールスが聞きづらいという、極端な例をひとつ

 

アルファベットの「A」(トン・ツー)1文字を10秒で送信するとします。

1:3の正確な符号ですから、トンが2秒で、ツーが6秒です。

そうなんです。
当たり前のことですが、こんなモールスは聞き取り難いんです。

これをトンはトンの短い短点とし、
長点を限りなく10秒に近い長さで送信すれば、
1文字10秒の符号でも確実に相手に伝わります。(相手に伝わることが重要)
 

短点さえ判別できれば、後は長い長い長点が続くだけなので確実に受信できます。

 

  ーー  ーーーーーー

  2秒    6秒

 

  ・ ーーーーーーーーー

     約10秒

 

それでは、モールス符号の1:3という比率は正しくないということなのでしょうか。
いいえ、間違いではありません。

モールス符号の長点と短点の比率は、
速度によって変化した方が聞きやすいということです。
 

短点はあくまでも短点の長さ(トン)でしかありません。

短点の長さは速度によって変化することはないのです。

 

速度で変化するのは、

  (1) 長点の長さ

  (2) 短点と長点の間隔(符号1文字を構成する各点の間隔)

で決定するべきものなのです。

 

実感として1:3の比率で聞きやすいモールスは、約50~約100(字/分)程度(あくまでも私見ですが)で、これより遅い速度では、1:3.5  や 1:4 のように長点が長くなり、各点の間隔は少し広がっていく。

逆に、100(字/分)を超えた速度では、今度は 1:2.7 や 1:2.5 のように、長点は短くなって、各点の間隔は狭くなっていく。

 

  速度(字/分)  比率       間隔

-------------------- ------------------- --------------------------

100以上   1:3以下   短点1つ分以下

50~100  1:3     短点1つ分

50以下    1:3以上   短点1つ分以上

 

試験会場で聞くモールスとして聞きやすいのは、ハムなら1アマの通信術で、
これは速度的にも適当に速く、1:3 の比率の符号として一番聞きやすいと思います。

■ ■

 

私が作成した CW 関連ソフトウェア(LearningMorseCW MANIA)は、今のところ、短点と長点の比率は 1:3 で開発しています。

自称 CW マニアとしては今回のこの「理屈」をプログラムに実装しないと中途半端な気がしてなりません。。。

 

短点は短点の長さのまま(トンはトン)であって、速度で変化しない。

変化するのは、長点の長さと、短点と長点(各点)の間隔のみである。

 

美しいモールスには何らかの法則があるはずです。
そんな法則を見つけてプログラムに実装できたら・・・マニア冥利に尽きるのですが。