JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

裁断した月刊誌をスキャン中です

裁断機の切れ味も抜群に良くなったので、

部屋にある月刊誌の類を片っ端から裁断しまくり、

只今、スキャンの真っ最中です。

 

<スキャナの設定>

スキャンモードは、スーパーファイン

 

A4片面をPDFでスキャンした場合のファイルサイズは、約1メガ。

CQ 誌の総ページ数は約 250 ページあるので、トータルサイズは、約 250 メガ。

 

スキャンした電子データは、iPad mini と、最近購入した Android タブレットの Memo PAD に入れて持ち運んでいます。

 

外部ストレージとして、SDカードが使える Memo Pad ですが、

スキャンした本を読もうとして、問題が発生しました。

 

スキャンした書籍は SD カードに入れて読むはずだったのですが、

一冊当たりのファイルサイズが大きいため、

  • ファイルの読み込みに時間がかかる
  • ページ移動するためスワイプすると動作が遅く、時に「応答待ち」でフリーズ

してしまいます。

Memo PAD 本体のストレージエリアに保存すれば、

オンメモリで処理できるので、多少はマシになるとは思いますが、

メモリ容量がそんなに大きくない Memo PAD では、

さほど本も保存できないので、これでは買った意味がありません。

 

SD カードが差し替えられる。

これが魅力で購入したのに、この思わぬ、読み込みの遅さは誤算でした。

 

その点、アップルは優秀ですね。

iPad ではオンメモリで全ての処理を行いますが、250 メガもある CQ 誌すら、何らストレスを感じることもなくサクサクと動いてくれます。

一気に100ページ先にページを移動させて見ても、気持いい動きをしてくれます。

ユーザインターフェースの使用感を第一に考えているアップルでは、ユーザインターフェースを悪化させてしまうような、余計な外部ストレージは付けないということなのでしょう。

 

ということで、

中華 PAD よりはマシな Memo PAD ですが、

毎日持ち歩くメインタブレットは、これまで通りに iPad mini に任せて、

Memo PAD は Android プログラム開発用として使っていくことにします。

 

タブレット購入の参考にしてください。