JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

ソフトウェア開発者のイベントに行ってきました

今日は仕事を休み「第26回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」に参加してきました。

会場はハムフェアと同じ東京ビックサイト。

朝の10時から夕方の6時半までの長時間に渡るセッションでしたが、その全てをしっかり拝聴してきました。

 

このイベントはソフトウェア開発者のためのもので、プログラミング言語の Delphi を販売しているエンバカデロ(元は Borland)が技術情報提供のため定期的に開催しているものです。

f:id:JH1LHV:20130913095738j:plain

今回のキャンプの中心は昨日披露された Android 対応の Delphi XE5 で、この XE5 によって Delphi だけで Windows、Mac、iPhone/iPad そして Android の全てのプラットフォームでネイティブ(端末の CPU で動作するコードが書ける、速度か速い)なアプリが開発できるようになりました。

 

Windows 用に書いたコードが、対象となるデバイスを選択しコンパイルするだけで、簡単に Android や iPhone 等の端末で動いてしまう。

なんて素晴らしいことでしょう。

こんなことができるコンパイラは、今のところ Delphi だけです。

 

Android なら JAVA を覚えて・・・

iPhone/iPad、Mac なら Objective-C を覚えて・・・

こんな大変なことが Delphi 一つ覚えるだけで、各プラットフォーム用に簡単にコンパイルできるのです。すっ、凄い!

 

(ここから、暫く昔話です。)

 

私と Delphi との付き合いは、もう 30 年以上になると思います。

最初のころは、Delphi の前身である Turbo Pascal を、CP/M80 という OS で動かしていました。

 

その頃のアマチュア無線界といえば、終段が真空管から石(FET)に変わり、

無線機もデジタル化が進み、「マイコン」が搭載されて回路を制御する・・・。

 

そのころのロジックと言えば、

いったん組み上げた回路の動作を変えるためには、半田ごてを使ってロジックを変更する必要がありました。

 

マイコンが内蔵されてからは、

ロジックの変更はプログラムだけで簡単にできるよになり、本当に驚きました。

 

ロジック変更に半田ごては使わないなんて、衝撃的でした。

このような流れから「プログラム」の世界に入り、今でもドップリです。

 

そして、このハマった先に、CP/80 で動作する Turbo Pascal がありました。

 

プログラムを覚えれば、手が汚れてしまうような作業から解放される。

「もう、半田ごては必要ないんだ」

「ハムの世界もプログラムで変わる」

「これからはプログラムだ」

そう確信したのもちょうどこの時期だったと思います。

 

私もプログラムを操り、自由にロジックの動作が変えられたら・・・

と、あの時から、あまり進歩もなく、30年 以上の月日が流れました。

よくも毎日毎晩、飽きもせずパソコンを弄ってきたものです。。。

 

今日、参加したキャンプですが、

私自身のモチベーションを維持するために参加しています。

私にとってプログラムは趣味であり、持続させることは本当に難しい。

 

自分の身近に同じ趣味を持つ者がいればまだ良いのですが、誰もいない環境下でモチベーションを維持することは本当に難しく、この手のイベントに参加してモチベーションを保つしか方法はありません。

 

趣味で始めたプログラミングですが、

思うようにコードが書けずに、年がら年中ハマッているのが現状です。。。

 

行き詰まると、

風呂の中でもトイレでも、暇さえあればプログラムコードを考える。

もう、ここまで来たら、苦行です。

 

こんなに大変なプログラミングですが、

苦行の先に見える何かを求めて、これからも前に進み続けることにします。

 

な~む~。