JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

お気に入りのパドルとエレキーの話

お気に入りのパドルの紹介です。

 

私はV/UHFで和文を楽しむ時は、

JA1UXR(池上OM)の 「誰でも作れるエレキーパドル2号」 を使用しています。

 

このパドルは昨年の夏に購入して組み立てていたものですが、

GHD やベンチャー、バイブロといった、名のあるパドルを使用することが多く、

この、「エレキーパドル2号」ですが、

ほとんど使うことはありませんでした。

 

数カ月前にふとした事から使って見たところ、

キータッチが柔らかくて妙に指に馴染む事が分かり、

それ以来、このパドルが私のメインパドルになっています。

 

GHD やバイブロのような、キーを叩いた時の「カチカチ」した感じは全くありませんが、

そこが優しくて、妙に打ってて気持ちが良い。

 

高価なブランド・パドルが、

必ずしも「良い」とは限らないことを思い知らされました。

f:id:JH1LHV:20131007200308j:plain

  

f:id:JH1LHV:20131007200338j:plain

5ミリ厚の鉄板をネットで購入し貼り付け、少し大きめのゴム足を取り付けています。

これで重量感もありバッチリです。

 

私はパドルを使用したエレキーによる交信が好きです。

それは、私自身もそうですが、

交信相手にとって、エレキーから送り出されるモールス符号が、

精神的にも一番聞きやすいと思っているからです。

 

特にコンテストでは長時間に渡りモールスを打つ必要があるため、

その疲労度を考慮しても、

自動でモールスを送出できるエレキーは手放せません。

CQ を出している局に、自分のコールサインを一発でコピーして貰うためにも、

エレキーによる機械的なモールスは効果的です。

 

高速でリポート交換が行われるコンテストで、

ストレートキーでの手打ちは極めて非効率であり、

送信側と受信側の双方にとってメリットは少ないでしょう。

 

交信する相手側(受信者)に立てば、

電鍵のようなストレートキーで叩いたモールスよりも、

エレキーで作り出した規則正しいモールスの方が、聞いていて疲れません。

(電鍵で綺麗なモールスが送信できる人もいますが。)

 

「味(?)がある符号が叩ける電鍵が好きなんです・・・」

とばかりに、クセのあるモールスを一方的に送信されても、

聞かせれている方はたまったものではありません。

クセがあっても頭の中で文字に変換できればまだ良いのですが、

コピーできなければ会話は成立しません。

 

そうです。

相手に伝わらなければ 「通信」 は成立しないのです。(重要)

 

私もそうですが、

「相手に伝わる」 ことで成り立つのが、「通信」ということを、

ついつい忘れてしまいます。

 

パドル使いのエレキー派でも油断は禁物です。

ちょっとした気の緩みから、

自分本位の打ち方になってしまい、

やがてはリズムは崩れ、

符号と符号(文字と文字)が一つにつながり、訂正の嵐・・・

遂には聞きづらい(ヘボ)モールスへと一変してしまいます。

 

(自戒を込めて)

  • 自分の送信に酔わないように

  • 送信は相手のためにすること(自分のためではない)

一人カラオケじゃなく、大きな会場(大勢の前)で歌っている。

そんな感じでしょうか? 

 

とにかく、モールス通信(特に和文)を行う上で忘れてはならないことは、

「相手に伝わらなければ意味はない!」 ということ。

この一言に尽きます。

 

昭和の時代から和文を楽しんでいるという、そんなベテラン OM ならば、

どんなにクセのあるモールスでも完全にコピーができるのでしょうが、

(聞く者を魅了する芸術的なモールスから、ヘタなモールスまで・・・)

和文を始めたばかりの初心者には、

このクセのあるモールスは、まるで別世界のものとして聞こえ、

何を送信しているのかさっぱり分からず、会話は成立しません。

 

それと和文愛好者の多くがバグキー使いであることも、

CW 初心者の和文参入を難しくしている要因の一つになっていると思います。

 

とはいっても、

いつまでも、このベテラン(?)OM が送信するバグキーが受信できないでは、

これはこれで困りものです。

 

このクセあるモールスに対抗できる練習法を見つける必要があります。

実はこの対策ですが、

いつまでもモールスの受信練習を、

パソコンソフト(拙作の CW MANIA 然り)に頼っていては進歩が無いということです。

パソコンから流れるモールスは、そのほとんどが1:3の規則正しいモールスです。

こんなパソコンの規則正しいモールスだけを聞いていては、

頭の中は規則正しいモールスしか受け付けない、

そんな石のような頭になってしまいます。

 

パソコンや市販 CD を使ったモールス練習は、

さっさと卒業して、

実践的なモールスを聞き込み、耳を鍛える必要があるのです。

(あくまでも、和文の話ですよ。)

 

いつまでも規則正しいモールスだけを聞いていては、

一向にベテラン OM さんが奏でる、「あの和文」は分からないでしょう。

 

電鍵やバグキーが全盛だった昭和の時代。

まだパソコンが高嶺の花だった時代です。

ベテラン OM に頼み込み電鍵を叩いて貰ってそれをテープに録音する。

そしてテープが擦り切れるまで聞き込む。。。

これぞ実践的な練習で、

そんな時代が懐かしい。。。

 

和文人口を増やすためにどうすれば良いのでしょうか。

ベテランと初心者の技能的な違いをどう埋めればよいのでしょうか。

 

ベテラン同士の「芸術的な交信」を聞くことは、

自称 CW マニア な私としては、

モチベーションも上がり、ストイックに練習する励みになるので、

喜ばしいことなのですが、

 

時々はエレキーを使って、和文初心者と交信して貰いたいと願っています。

 

私としては、

和文電信の敷居を下げるためにも、

エレキーによる交信の普及は必要なことだと思っています。

あわせて、どんなモールスでも確実に受信できるという、

技能向上に努める必要もあるでしょう。

 

送信する場合も、

エレキーの CQ にはエレキーで、電鍵の CQ には電鍵で応えられる・・・

相手の CQ に合わせて柔軟に対応できる、

そんな送信技能も必要です。

 

エレキーの CQ に対して、クセのあるバグキーで応答したら・・・。

和文初心者は面食ってしまいます。

 

電鍵やバグキーが専門だと仰るベテランにも、

ベテランの責任として、エレキーを傍らにおいて、

相手のキーに応じて切り替える・・・

そんな優しさ、待っています。

 

再開局して1年。

ベテランが奏でるモールスを、100%コピーする秘策は無いものかと、

7MHz の和文交信を録音し続けてきました。

  • ベテランの巧みな技術を未来に残したい
  • ベテランのモールスを分析してソフトウェアに実装したい

 

などという・・・

こんな、無謀で夢みたいな事を考えている・・・そんな今日このごろです。