JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

交信を証明する電子QSL

JARL から QSL カードが転送されてきました。

 

交信を証明する QSL カードですが、

交信を証明するだけなら、お互いの交信記録を突き合わせる LoTW や eQSL の方が証明力はあると思います。

 

プリンターの精度も上がり、偽造 QSL カードも簡単に作成できるでしょうし、

日本でも早めに LoTW のようなサービスが開始されるべきでしょう。

 

ところで電子 QSL の eQSL ですが、私のところでは利用率 15 %というところです。

 

eQSL は国内の各種アワードでも使えるので、

交信を証明するだけなら eQSL で十分だと思います。

 

そんな eQSL ですが、

存在を知らないだけなのか。。。

それとも何か特別な理由があるのか。。。

こんなにも国内の加入者が少いとは驚きです。

 

時々耳にする、「QSLカードはノーQSLで・・・」

eQSL ならパソコン入力だけで、カード代は掛からないんですが。。。

  

ログ管理をパソコンで行っているにも関わらず、

eQSL や LoTW を利用しない理由・・・

何かあるんでしょうか。

 

私には分かりません。。。