JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

CQ別冊の電鍵カタログ

和文で交信していると、交信相手からキーの紹介を受けます。

 

こんな時、困ってしまいます。

初めて聞くメーカーだったり、これまで聞いたことも無い型番だったり。。。

 

そんな時に助かるのが、

CQ誌 の別冊「キー&マイクカタログ」(昨年の9月号)です。

 

この別冊には国内外のメーカーで製造された電鍵が写真入で掲載されています。

全ページが白黒なのは残念ですが、

メジャーどころは全て網羅されているので、

このカタログが1冊あれば事足りてしまいます。

 

f:id:JH1LHV:20131117141629j:plain

  

f:id:JH1LHV:20131117141657j:plain

とはいっても、

このカタログに掲載されているのは、たったの100種類です。

この小冊子、商品カタログ的なところもあるので、掲載されているのは今でも販売されているものばかり。。。

 

和文の愛好者って、キー・コレクターが多いんですよね。

これまで聞いたこともない海外のメーカーや、何十年も前に製造が中止されたもの、はたまた戦時中に使っていたもの・・・などなど。

こういったアンティークな電鍵を好んで使うようで。。。

 

ということで、

せっかくキーを紹介されても、それがどんな物で、どんな形をしているのか、

さっぱり検討もつきません。

 

まあ、こんな時は Google に聞けば、優しく何でも教えてくれるのですが、

交信中にいちいち Google するのも何ですし。。。

 

それで、世界中の電鍵がまとめられた書籍はないものかと調べたところ、

「モールス通信百科事典日本版」(ペレラ教授著)

という電子書籍(CD-ROM 版)があることをヤフオクで知り、

落札してみることに。。。

(入札者は私だけでしたが)

 

この電子書籍には 、

「3,000 を超す豪華絢爛な電鍵や電信装置の画像ファイルが収録」

されているそうで、期待度は大です。

 

ただ残念なことは、紙の書籍でないこと。

交信中にいちいち CD-ROM を起動するのは。。。チョットね。

 

電子書籍から画像が抜き出せれば、

自分だけのオリジナルな「電鍵カタログ」が作れそうですが。

 

CD-ROM が届いたら、調査してみます。