JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

モールスを短期間で覚えたい

「モールスを短期間で覚えたい」という 3アマ受験者も多いと思います。

 

モールスを覚えるためには環境や時間もそれなりに必要で、その覚え方も重要です。

私はこれまでに、このブログで「とにかく聞くこと」を連呼してきました。

そして、これは今でも変わりません。

 

とは言っても、

せっかくの CW 好きがやっているブログです。

今日はもう少し整理して書いてみたいと思います。

 

集中できる環境が必要

モールスを覚えるためには、

とにかく集中して聴きこむ時間が必要です。

1日のうちで10分でもいいから集中できる時間を見つけて練習することです。

 

それこそ、トイレや風呂の中でも、

防水付きのプレイヤーを使うなどの工夫により、

モールスを聞き込むための時間は確保できると思います。

 

まとまった時間の確保が難しい場合でも、

とにかく何分でもいいから集中して練習できる時間を作る。

この時間を作ること。

これがモールス上達へのはじめの一歩です。

 

相談できるローカル局がいると良い

モールスなんて覚えなくても、楽しくマイクは握れると・・・

ついつい練習を怠けがち。

 

まあ、これも趣味のことだし仕方ありませんが、

こんな時には一緒にモールス練習に励んでくれる、

そんなローカルさんがいると強い味方になってくれます。

特に行き詰まった時は、ローカルさんの存在は重要です。

 

受信練習のことを書いている途中でなんなのですが。

縦振り電鍵の独学だけは避けた方が良いです。

ホントのところ、独学で覚えた方にも教わらない方が良いです。

縦振り電鍵の操作を間違った方法で覚えると、

手崩れの原因にもなり、生涯にわたって縦振り電鍵が打てなくなる、

そんな事になりかねません。

縦振り電鍵の操作方法だけは、

プロの通信士(旧試験制度時代の)の方に、実際に電鍵を手にしながら、

手取り足取り、基本に忠実に教わるようにしてください。

 

ただ、プロの通信士がローカルにいればの話ですが。。。

なかなかそんな都合の良いことはありませんね。

 

効率のよい覚え方はあるの?

このブログで何度も繰り返していますが、

残念ながら、効率のよい覚え方なんてものはありません。

 

ただ聴き続けること。

これしか上達への早道はないと思います。

 

効率という言葉に踊らされ、

「語調法(音のリズムに合う言葉に当てはめる語呂合わせ)」

この方法でお手軽に・・・

いやいや、この方法だけは絶対にダメです。

 

この方法で覚えると、必ず後の実戦で苦労することになります。

「語調法」のフレーズがなかなか頭から離れなくなってしまいます。

 

もう一度だけ繰り返します。

「語調法」だけは、絶対にダメです。

 

モールスは必ず、

「音感法」で覚えてください。

 

アマチュア無線の入門教室や雑誌記事等で、

時々、この「語調法」によるモールスの覚え方が紹介されていることがあります。

 

どうして「語調法」のような実践に向かない方法を、入門者に対して教示しているのか、私にはさっぱり分かりません。

 

「将来に渡ってモールスは必要ない」

「上位の資格に合格するだけで良い」

など、何か特別(?)な理由があるなら仕方ありませんが、

この「語調法」による覚え方は、

CW で交信することを夢描いている人に勧める方法では決してありません。

 

モールス符号は短期間で覚えましょう

モールス符号は一気に覚えてしまいましょう。

欧文なら数日で覚えてしまいます。

一気に覚えて、後はひたすら聴いて耳で覚えるのです。

 

モールスは実際に音を聞いて練習するのが一番なのですが、

それが無理なら単語カードを使う方法もあります。

単語カードの表に文字、裏に符号を書いて覚えるのです。

 

ただし、単語カードを使う際の注意点として、

覚える文字を見て、

短点と長点の記号をイメージするのではなく、

「トツーツーツー」と、実際にモールスを口に出して唱えるのです。

声を出すことが難しい環境なら、心の中で唱えてください。

 

例えば「 J」ですが、

「・ーーー」と、短点と長点をイメージするのではなく、

「トツーツーツー」と音を声に出して唱えるのです。

 

イメージでなく、唱えることが重要です。

 

終わりに

モールスをマスターすると、

間違いなくアマチュア無線の楽しみ方は広がります。

 

短点と長点の組み合わせだけで会話できる。

素敵だと思いませんか・・・

ワクワクしませんか・・・

 

モールス通信は最高の趣味です。

 

欧文からの「和文デビュー」、

心よりお待ちしています。