JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

「エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」参加

今日は仕事を休んで、

ソフトウェア開発者のためのイベントに行って来ました。

 

イベントは、Delphi 言語でお馴染みの、

「第27回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」です。 

f:id:JH1LHV:20131210211023j:plain

 

内容的には、

  • RAD Studio XE5 によるマルチ言語/マルチデバイス開発の進め方
  • 基礎から学ぶビジュアル Android アプリ開発。今日からあなたも Android デベロッパー
  • マルチ言語に広がるエンバカデロのマルチデバイス開発ソリューション
  • C++Builder でモバイル開発にトライ!ベータ評価レポート
  • PC向け開発からモバイル開発へ!実践モバイルファースト
  • 「共有!みんなの開発事例、開発経験、テクニック」

と盛り沢山なのですが、前回と同じような内容や、余りにも初心者寄りの内容であったりと、少々物足りなさを感じてしまいました。

そもそもこのイベントに参加している人達ですが、私のように古くから Delphi を使っているという、そんな年配者が多いはずで。

もう少しテクニカルな内容でも良いのではと思いながら聞いておりました。

今日のイベント、期待していただけに残念です。

 

Microsoft の開発者イベントは若い参加者も多く初心者よりの話しになりがちですが、本イベントの参加者には本当の初心者は少ないはずです。

 

ところで、今回の大きな目玉の一つ、

「C++Builder XE5」が、iOS をサポートしたことですが、

このサポートにより、C++Builder ユーザの iOS アプリ開発が盛んになりそうです。

 

そしてイベントの最後には、嬉しい告知が。

Delphi 好きな有志による「Delphi Users Group」が発足するそうです。

パソコン通信全盛だった Nifty の FDelphi や Delphi ML のように、また盛り上がることを期待しています。

正式な発足アナウンスがあれば、私も参加を表明したいと思っております。

f:id:JH1LHV:20131210120302j:plain

 

イベントに足を運ぶ理由は。

周りの空気に触発されて、開発意欲がわくことかな。

 

趣味のプログラムを長く続けるってなかなか難しいことで。。。

モチベーションを維持するために、

この種のイベントに参加し続けることが大切なのです。

 

プログラミング以外でも同じだと思うけど、

独学には限界があるよね。。。