読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

「暗記送信」 の練習

モールスの話

今日は 「暗記送信」 の話しです。

 

欧文ではラバースタンプによる交信が一般的です。

交信で使用する会話文をあらかじめ定型文(QTH、QRA等)として作成しておいて、

実際の交信ではその定型文を見ながら送信する。

 

CW で DX 局と英語で会話する。

そんな局はごく僅かでしょう。

 

CW はアワードや DXCC を獲得するためで、

自分のコールサインと、599BK だけが送信できればそれで満足。

欧文+エレキー局の大半はこのタイプでしょうか。

 

この 599BK な CW は、パソコンだけでも可能なため、

どちらかといえば、

「RTTY のようなデジタル通信を楽しんでいる」

といった感覚に近いのではないでしょうか。

 

和文の場合は、

欧文の 599BK のスタイルとは全く違っていて、

どちらかと言えば一般的な交信である SSB 通信と似ています。

SSB で話していることをそのまま「和文モールス」で話している、

とまあ、こんな感じの運用です。

 

和文愛好者の多くが、

「ただ純粋に会話を楽しむ」ことを目的にしているので、

「ノーQSL」は当たり前の・・・そんな世界です。

(コンテストやアワード、DXCC などに無縁な局が多いのです。。。)

 

どちらの運用がハムらしいかといえば、

わたしは、欧文の方じゃないかと思っています。

 

それでは、前置きはこれくらいにして、

今日のお題の、

和文の重要なスキル、「暗記送信」を鍛える方法を紹介します。

 

漢字が多い文章を使って送信練習する

送信練習と言うと、

すぐに思い浮かぶのが、

情報通信振興会の「和文電報練習帳」を使って練習すること。

ところが、この練習帳ですが、暗記送信の練習では使えません。

 

あくまでもこの練習帳は、

送信する際の手首や指の運動、

送信姿勢の確認と矯正で使うものです。

 

それじゃ、何を使って練習するかというと、

小説や新聞などの、漢字が多い文章を使って練習するのです。

暗記送信を鍛えるには、この方法が効果的です。

 

理由ですが、

漢字文をモールスで送信する場合に、

脳の中でいったん漢字をカナに変換しますが、

この脳内変換の繰り返しが、暗記送信を鍛えるのに向いているからです。

 

文章の中に漢字が多ければ多いほど、暗記送信には最適な素材となるのです。

 

慣れてきたら、句点までの一文を暗記して送信練習する

最初のうちは、小説などの文章を目で追いながら送信を行います。

これが突っかからずにリズミカルにできるようになったら、

今度は句点までの一文を一気に暗記して、

目を閉じて(文字を見ないで)送信してみるのです。

 

送信はつまずかない一定の速さで行います。

ミスなく、リズミカルに送信できるように練習します。

 

これも誰かに聞いて貰うのがいいのですが、

それが無理なら、スマホに録音して、自分の耳で確かめてみるのです。

 

実際の和文通信では、

 「次の言葉がスムーズに浮かばない」

 「会話のどこの部分を送信しているのか見失ってしまう」

という予測なき事態が起こるものです。

送信中にこうなってしまうと、

途端にリズムが乱れて、間の悪いモールスへと一変してしまいます。

 

和文の場合は、

暗記送信の技術だけでなく、会話の構成力も併せて必要になるため、

 

結局は、

 「リアルな会話のように和文で話をすることは難しい」

ということで、

 

暗記送信の技術だけでなく、

鍛えなければならないことが、他にもあるぞと。。。

そんな、「暗記送信」の話しでした。