JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

Vector に登録している CW MANIA を最新に差し替えました

Vector に登録している CW MANIA を、新しいバージョンに差し替えました。

とはいっても、今年の2月から何にも修正していない ver.0.52 ですが。。。

 

Vector には ver.0.25 のまま1年以上放置したままでした。

差し替え用のファイルを1週間前にアップロードしたのですが、

本日、Vector を覗いてみたところ審査も終了したようで、

新しいものに差し替わっておりました。

 

 CW MANIAのダウンロード : Vector ソフトを探す!

 

f:id:JH1LHV:20140820203455j:plain

 

それから、ありがたいことに、 

先月の CQ 誌8月号の別冊付録 「パソコン・ソフト集」 に、

CW MANIA が紹介されました。

 

このような嬉しいこともあり、

Vector に登録しているファイルを、最新のものに差し替えた次第です。

 

作成したプログラムの修正やバージョンアップについては、

これからもこのブログ上で告知していきますが、

Vector に登録しているファイルの差し替えも忘れないようにします。

 

それから、話はガラッと変って、

今月の CQ 誌に SSB の音作りの話がありましたが、

SSBを楽しんでいる人達は、最終的に音作りにハマってしまうものなのでしょうか。

わたしが無線を始めた昭和の時代ですが、

土日の14メガは「SSBの音」の話題で賑やかでした。

当時のわたしも、2エレの HB9CV を上げて、SSB 通信に夢中になったものです。

そして生意気にも、

「マイクアンプのエミッタに付いてるコンデンサの容量を大きくした方が・・・」

なんて言っていたこともありました。

 

今は7メガの上の方で、

OM さん達の「SSBの音」 に関する、マニアックな話しを聞くことができます。

メーカの無線機の性能がアップした現代でも、

この「SSBの音」に関する話題は消えてなさそうなので(むしろ盛り上がってる)、

結局のところ、今も昔も同じってことなのでしょうか。

 

もう少し、私も大人(OM)になったら、

この「SSBの音」 について研究してみたいな、

なんてことを考えながら、CQ誌のページをめくっている、

そんな今日このごろです。

 

って、無線機にマイクを付けてないくせに・・・。