読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

大陸から電子部品が到着しました

本日、大陸から届いた荷物は二つ。

お盆にまとめて注文していた電子部品が到着です。

東京に帰省中だったため、本日再配達してもらいました。

 

Funduino UNO(Arduino互換)の学習キットとトランジスタ170個セット。

 

f:id:JH1LHV:20140826143737j:plain

   

f:id:JH1LHV:20140826144018j:plain

 

注文から1週間~10日で到着です。

時間差で注文したものが同時に2つ到着してました。 

f:id:JH1LHV:20140825233654j:plain

 

f:id:JH1LHV:20140825233853j:plain

 

2014 new free shipping Ardublock Graphical programming Kit High quality

 

これは、Funduino UNO(Arduino互換)を使った Arduino スターターキットで、

USB ケーブルや各種センサー、ジャンパー線などが同梱されています。

 

このセットが一つあれば、

すぐにパソコンに繋いで Arduino で遊ぶことができます。

 

それから、

XBee 5.0 拡張ボードも付属しているので、

これに XBee モジュールを追加してプログラムを書けば、

RS-232C で接続している全てを、無線 LAN に置き換えることができます。

通信距離も、屋内なら 30m、屋外でも 100m は飛んでくれるので、

応用次第では、アマ無線でも活用できると思います。

 

本家の Arduino Uno なら Amazon で 約3千円。

こちらの互換品なら、

これだけの部品が詰まったキットで 1,600円(配送料込み)。

 

その安さが分かります。

 

このキットですが、お子さんの電子工作入門用としても最適だと思います。

 

キットの中身ですが、

f:id:JH1LHV:20140826143650j:plain

LED やスイッチ類は単品のモジュールです。

組み合わせて使えるので、ちょっとした実験に便利ですね。 

 

f:id:JH1LHV:20140826143713j:plain

 

Funduino に LCD モジュールを接続して、

エレキーや CW 解読器を作るのも面白いと思います。

 

スケッチも簡単に書ける Arduino は、

ハムの周辺機器を制御するのにもってこいの、マイコンです。

マスターしておいて絶対に損はありません。

 

それでは、購入品が正しく動作するか、Lチカ(LED チカチカ)です。

キットに中に入っていた、

  • USB ケーブル
  • ジャンパー線
  • LED モジュール

これらを使って、接続します。

スケッチは、Arduino IDE のサンプルです。

 

f:id:JH1LHV:20140830214824j:plain

はい。しっかり動いてくれました。(LEDが1秒間隔で点滅)

 

実はこのキットですが、タイトルにあるように Arduino のビジュアルプログラミング言語である Ardublock の使用を推奨しています。

 

この Ardublock のプログラミングは独特で、

プログラムで使う、命令や変数があらかじめブロック化されていて、

このブロックを画面にドラッグ&ドロップすることで、プログラムを作成していきます。

 

プログラムスタイル的には、Scratch と同じで、グラフィカルな画面を、直感的に操作できるので、中学生でも遊び感覚でスケッチを書いていけると思います。

 

基本的な操作方法については、下記のサイトをご覧下さい。 

Arduino初心者にオススメ!GUIで積み木のようにスケッチする『Ardublock』の使い方 | IDEA HACK

 

わたしも、Ardublock が使えるように、

Arduino のプラグインとしてセットアップしてみました。

(以下、その時のメモ)

f:id:JH1LHV:20140830192148j:plain

 

  1. Ardublock から「ardublock-all-20130712.jar」をダウンロードする。
  2. ダウンロードした jar ファイルを、
    Arduino¥tools¥ArduBlockTool¥tool¥ardublock-all-20130712.jar
    になるように配置する。
  3. メニューの「ツール」から「Ardublock」を選択する。

f:id:JH1LHV:20140830193607j:plain

 

Ardublock の改変版も公開されているようなので、

わたしも、実際に手を動かしながら試してみたいと思います。

 

 

S9012 S9013 S9014 A1015 C1815 S8050 S8550,17valuesX10pcs=170pcs,Electronic Components Package,Transistor Assorted Kit

 

トランジスタが170個セットで、配送料込みで400円。

(17種類 × 10個)

f:id:JH1LHV:20140826154458j:plain

この写真はショップのサイトにあったもので、

それぞれの小袋には、品番が書かれたラベルが貼ってあります。

が、到着したものはというと・・・ラベルなし。。。

(下の写真)

これぞ、中華品質で、少しホッとしてます!?

 

f:id:JH1LHV:20140825234636j:plain

ということで、

使う時になって困らないように、

それぞれの袋に品番を書いておいた方が良さそうです。

 

このトランジスタに印刷されている文字ですが、

国産品に比べて印刷も薄くて文字も小さく、読むのも一苦労です。

(わたしは拡大鏡を使って仕分けしました)

 

(内容物)

A42、A92、A1015、C1815、S8050、

S8550、S9011、S9012、S9013、S9014、

S9015、S9018、N3904、N3906、N5401、

N5551、KSP94-408

 

やっぱり気になる、中華の品質。

ということで、半導体チェッカで hfe を測定です。

 

測定するために使ったトランジスタは、

無作為に1個だけ小袋から抽出したものです。

 

◯2SC1815GR

f:id:JH1LHV:20140827194036p:plain

f:id:JH1LHV:20140827191623j:plain

hfe = 350 

 

ちなみに、秋月電子で購入した東芝製の「2SC1815GR」ですが、

f:id:JH1LHV:20140830121802j:plain

hfe = 321

 

◯2SA1015

f:id:JH1LHV:20140827194256p:plain

f:id:JH1LHV:20140827191822j:plain

hfe = 302

 

◯SS8050

f:id:JH1LHV:20140827194329p:plain

f:id:JH1LHV:20140827192012j:plain

hfe = 284

 

◯2N3904

f:id:JH1LHV:20140827194806p:plain

f:id:JH1LHV:20140827192155j:plain

hfe = 319

 

◯2N5551 

f:id:JH1LHV:20140827194829p:plain

f:id:JH1LHV:20140827192414j:plain

hfe = 189 

 

今回の測定で使用したトランジスタは、冒頭のとおり各袋から1個だけを無作為に抽出したものです。

本来なら、袋に入っている全てのトランジスタの hfe を測定してその平均を掲載するのが正しいのかもしれませんが、時間が掛かり過ぎるため中止しました。

 

今回の測定値は、あくまでも参考程度とお考え下さい。