JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

ミニブレッドボードに小さく収めたエレキー

PIC のエレキ-を小さくまとめました。

 

パーツケースからプログラム書き込み済みの PIC が幾つか見つかったので、ミニブレッドボード(BB-601)を使って小さく収めてみました。

 

ブレッドボードにジャンパー線を差し込むだけなので 30分もあれば完成します。

半田ゴテを使わない電子工作。

半田屑や線屑もでないのでテーブルも汚れることもなく掃除も簡単です。

 

PIC は 12F629 を使ってます。

エレバクも使えるようにプログラムしてます。

(長点側にパドルを倒したまま電源を入れることでエレバグ・モードになります。)

 

無線機のキージャックに接続する時は、トランジスタを1つ追加して、出力をスイッチさせる必要があります。 

 

f:id:JH1LHV:20140830150253j:plain

 

f:id:JH1LHV:20140830150303j:plain

速度調整用として小型ボリューム(VR)を使いましたが、これを半固定ボリュームに変更して、全てのパーツをブレッドボードに乗せた方が、スッキリして見栄えも良かったですね。

 

本当なら、PIC から距離をおいて AVR に移行するはずだったんですが・・・

次は AVR を使って組み立てます。