読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

ミニブレッドボードに小さく収めたエレキー その2

少し前に書いたPICのエレキーですが、小さくスッキリまとめたくなりました。

速度調整用として使っていた小型ボリュームを半固定ボリュームに交換して、全てのパーツをブレッドボードに載せました。

 

f:id:JH1LHV:20140912204148j:plain

f:id:JH1LHV:20140912204156j:plain

スッキリ。

 

私はこの小さなミニブレッドボード(BB-601)が好きで良く使います。

 

やってることが簡単な実験ばかりなので、使うパーツも少なく、この小さなブレッドボードに収まってしまいます。

 

f:id:JH1LHV:20140912204350j:plain

 

こんな小さいブレッドボードばかり使っていると、

短めのジャンパー線がすぐに足りなくなってしまいます。

 

実験中に必要な長さのものが足りなくなると、

そこだけビニル線で結線することになりますが、それもカッコが悪いので・・・

 

短めのジャンパー線だけは切らさずにストックするようにしています。

写真(上部)はサンハヤトの「ジャンプワイヤパック」で、10種類、合計100本のジャンパー線が入っています。

(ちなみにブレッドボードは大陸から購入したものです。)

  

ということで、

今日やった作業のお話でした。