JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

cwdecoder を試してみた ~その2~

お約束通り(?)に、和文が解読できるようにスケッチを修正しました。

 

ただ単に和文を追加しただけでは何も芸がないので、タクトスイッチを取り付けて、欧文と和文が切り替えられるようにしました。

 

f:id:JH1LHV:20150118163606j:plain

f:id:JH1LHV:20150118164402j:plain

 

欧文モード

起動時は「欧文モード」で立ち上がり、LCD ボードには「A」と表示されます。

タクトスイッチの押下によりモードがチェンジするようにスケッチを修正しました。

f:id:JH1LHV:20150118163854j:plain

起動時は LCD ボードに「00 WPM A」と表示。

 

f:id:JH1LHV:20150118164125j:plain

欧文の文字列として「ABCDE ABCDE ABCDE」をオーディオ出力してみました。

 

和文モード

タクトスイッチ押下で「欧文モード」から「和文モード」にチェンジします。

f:id:JH1LHV:20150118163910j:plain

「和文モード」の時は、LCD に「W」が表示されます。

 

f:id:JH1LHV:20150118164231j:plain

和文の文字列として「アイウエオカキクケコ」をオーディオ出力してみました。

 

只今実験中でもありよく分かってませんが、

モールス再生中に速度を可変しても、しっかり追従して解読してくれます。

これは、なかなかの優れものです。

きっと信号を処理する時に使っているアルゴリズムが適切にスケッチとして実装されているからなのでしょう。

 

ということで、

今日はここまで。。。