読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

和文電信で読む  小川未明 「赤い手袋」

児童向けの小説は和文練習に最適なので。。。

 

今回も青空文庫の児童書から、

  小川未明  赤い手袋

を選択してみました。

 

[ 25wpm 750Hz ] 

Download

cwdecoder でも解読可能なように 750Hz のトーンにしました。

 

赤い手袋

小川未明

 

まさおは、ねえさんからこさえてもらいました、あかいけいとのてぶくろを、がっこうからかえりに、どこでかおとしてしまったのです。

そのひは、さむいひで、ゆきがつもっていました。

そして、しゅうじつ、そらはくもってひのひかりすらささないひでありましたが、みんなはげんきで、がっこうからかえりに、ゆきなげをしたり、また、あるものはすもうなどをとったりしたので、まさおも、いっしょにゆきをなげてあそびました。

そのとき、てぶくろをとって、がいとうのかくしのなかにいれたようなきがしましたが、きっとよくいれきらなかったので、とちゅうでおとしてしまったものとみえます。

まさおは、うちにかえってから、はじめてそのことにきづきました。

いよいよなくしてしまいますと、なつかしいあかいてぶくろがめについてなりませんでした。

それも、そのはずであって、まいにちがっこうのおうらいに、てにはめてきたばかりでなく、まちへかいものにやらされたときも、このあかいてぶくろをはめてゆき、おゆにいったときも、このあかいてぶくろをはめてゆき、また、よる、かるたをとりにきんじょへよばれていったときも、このあかいてぶくろをはめていったからであります。

それほど、じぶんにしたしいものでありましたから、まさおは、おしくてなりません。

それよりも、もっと、こんなにさむいのに、ゆきのうえにおちていることが、てぶくろにとってかわいそうでなりませんでした。

どんなにかてぶくろは、うちにかえりたいとおもっているだろう。」とかんがえると、まさおは、どうかしてさがしてきてやりたいきもちがしたのであります。

けれど、そのとき、やさしいねえさまは、まさおをなぐさめて、 わたしが、またいいかわりをこしらえてあげるから、このかぜのさむいのに、わざわざさがしにいかなくてもいいことよ。」とおっしゃったので、ついにまさおは、そのあかいてぶくろのことをあきらめてしまいました。

ちょうど、そのひのくれがたでありました。

そらはくもって、さむいかぜがふいていました。

あまりひとどおりもない、ゆきみちのうえに、つのあかいてぶくろがいっしょにおちていました。

いままで、あたたかいがいとうのポケットにはいっていたてぶくろは、つめたいゆきのうえにさらされてびっくりしていたのです。

このとき、まちのほうから、ななつ、やっつのおとこのこが、てあしのゆびをまっかにして、きたならしいきものをきて、ちいさなわらじをはいて、とぼとぼやってきました。

このこは、とおいむらにすんでいるこじきのこであったのです。

ひるはまちにでて、おあしや、たべものをもらってあるいて、もはや、ひがくれますので、じぶんのいえへかえってゆくのでした。

こどもはとぼとぼときかかりますと、ゆきのうえに、まっかなてぶくろがおちているのがめにつきました。

こどもは、すぐには、それをひろおうとせずに、じっとみていましたが、そのうち、ちいさなてをだして、それをひろいあげて、さもめずらしそうにみとれていました。

こどもは、まえには、こんなうつくしいものをてにとってみたことがなかったのです。

まちへでまして、いろいろりっぱなものをならべたみせさきをとおりましても、それは、ただみるばかりで、なすらしらなかったのであります。

こどもは、なんとおもいましたか、そのあかいてぶくろをじぶんのほおにすりつけました。また、いくたびとなく、それにせっぷんしました。

けれど、それをけっして、じぶんのてにはめてみようとはいたしませんでした。

こどもは、たいせつなものでもにぎったように、それをだくようにして、さびしい、ゆきみちのうえを、じぶんのいえのあるむらのほうをさして、とぼとぼとあるいてゆきました。

ひぐれがたをつげる、からすのこえが、とおくのもりのほうできこえていました。

こどもは、やがておおきなきのしたにあった、みすぼらしいこやのまえにきました。

そこがこどものいえであったのです。

こやのなかには、あおいかおをして、ははおやがだまってすわっていました。

そのそばに、うすいふとんをかけて、とおばかりになるこどものあねがびょうきでねていました。

そのあねのおんなのこのかおは、やせて、もっとあおかったのであります。

ねえちゃん、いいものをもってきてあげたよ。」と、こどもはいって、あかいてぶくろをあねのまくらもとにおきました。

けれど、あねはへんじをしませんでした。

ほそいてをしっかりむねのうえにくんで、このときもうねえさんはしんでいたのです。

 

最後は思わずうるっとくる。。。そんなお話でした。