読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

遠隔操作で電鍵を叩きたい ~その5~

今回の東京帰省の一番の目的である、

遠隔操作用のインターフェースの取り付けと試験ですが、

 

とりあえず、やってみました。

 

f:id:JH1LHV:20150712174309j:plain

電源ケーブルを取り付けている時に気付いたのですが、

電源入力を切り替えるための SW をひとつ取り付けるのを忘れていました。

このままでは FT-857 の電源は、パソコンを立ち上げないと入らないので、東京にいる時に何かと不便です。今回忘れた SW は次回にでも取り付けたいと思います。

まぁ、今回の遠隔試験に影響は無いので、試験はこのまま続行です。

 

無線機の KEY ジャックとインターフェースの接続

遠隔地からの制御ということもあり、回線的にも遅延があるため、エレキー機能は使えないので、2台の無線機のキーヤーモードは「OFF」に設定します。

  • FT-950 の KEYジャックと TX1(写真、右側ジャック)を接続します
  • FT-857 の KEYジャックと TX2(写真、左側ジャック)を接続します

f:id:JH1LHV:20150712185206j:plain

 

遠隔で電鍵を操作するためのソフトウェア

サーバとクライアントの2つのソフトウェアを1台のパソコンで同時に動かして試験を行いました。

無線機の CW 制御は今回取り付けたインターフェース、中身は Arduino の GPIO を制御して行います。

(Arduino とサーバ間はシリアルで通信します。)

f:id:JH1LHV:20150712184412j:plain

クライアントの「TEST」ボタン押下で、無線機から CW のモニタ音が聞こえれば、サーバ側の動作は OK です。

 

クライアントの「TX Select」で送信機を選択し「TEST」ボタンを押下すると、それぞれの無線機から期待通りに CW のモニタ音が流れました。

 

新潟でも同じように動作してくれるか分かりませんが、

後の楽しみうと言うことで。。。東京での試験はこれで終了です。

 

遠隔操作による FM 音声通信

ついでに、430メガの FM での音声通信の試験です。

f:id:JH1LHV:20150712192014j:plain

遠隔操作で音声通信をやるためには、

  • 右上:VoiceChatterServer(音声伝送用のソフトウェア、サーバ)
  • 右下:VoiceChatter(音声伝送用のソフトウェア、クライアント)
  • 左上:FT-857 の電源制御用ソフトウェア(自作)
  • 左下:PTT 制御付き、FT-857 の CAT ソフト(自作)

これだけのソフトウェアを立ち上げる必要があります。

遠隔操作でソフトを1本ずつ立ち上げるのは面倒なので、BAT で一括処理した方がよさそうです。

 

f:id:JH1LHV:20150712193210j:plain

遠隔操作側で使用するこの古いノート PC にも VoiceChatter をインストールします。

そして小型のマイクを取り付けてサーバに接続します。

 

遠隔操作は VPN を使うことが前提なので、負荷が軽い VoiceChatter を使って音声を伝送することにしました。

一般的にはこの種の音声伝送には Skype を使うことが多いのですが、Skype の場合は海外サーバを経由したり、何かと怪しいことをやってそうなので、自前でサーバが構築できて少しだけ安心な VoiceChatter を使うことにしました。

 

そして、今日の夕方に、

実際にこれらの環境を使って430メガで交信してみましたが、

送信時に多少のもたつきはありましたが、特に大きな問題も発生することなく、

最後まで交信することができました。

 

あとは、新潟でどうなるか。。。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村

 


アマチュア無線 ブログランキングへ