JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

「モールス受信練習機」を改めて製作する

前回の続きですが。。。

 

手持ちの PIC 12F1822 に「モールス受信練習機」の HEX データを書き込もうとしたところ・・・チョットしたトラブルに遭遇。

 

次回も同じようなことにならないように・・・備忘録です。

 

もう随分前になります。

「もう、これからは AVR だ。PIC は止めた。。。」

とばかりに、パソコンから PIC に関する全てのツールをアンインストール。

こんな事情もありまして、今回の PIC へのデータ書き込みは Arduino でやることに・・・

 

チェナーダイオードで 12V 作ったり、スケッチを修正したりと・・・

・・・数時間、格闘しました。

 

結局、データを書き込むことができず、断念することに。。。

f:id:JH1LHV:20151014204644j:plain

12F628 のような PGD と PGC を持つ PIC になら HEX データは書き込めるのですが、ICSP な 12F1822 にはどうしてもデータを書き込むことができませんでした。

 

これ以上格闘するのも時間の無駄と感じ、ここはやはり標準的な書き込みスタイルである PICKit2を使うことに。

 

ということで、
今回はしばらくご無沙汰だった「PIC 書き込み環境の再構築」のお話です。

 

PICkit 2 Programmer をインストールします

新たに書き込みツールをインストールします。

PICkit 2 Development Programmer/Debugger - pg164120 | Microchip Technology Inc.

 

Microchip のウェブから「PICkit 2 V2.61 Install A」をダウンロードします。

(今時の OS には、最初から .NET Framework はインストールされているのでこのサイズが小さい方で大丈夫です。)

 

zip ファイルを解凍して「setup.exe」を実行。

f:id:JH1LHV:20151019184142j:plain

インストールが終わるとデスクトップにアイコンができます。

 

「PK2DeviceFile.dat」を更新します

インストール後の書き込みツールはバージョンが古く、デバイスリストに 12F1822 が表示されません。

12F1822に書き込みためには、デバイスの定義ファイルを更新する必要があります。

(書き込みツールの「Help」→「About」に表示される「Device File Version」が1.62以降である必要があるようです。)

 

Build Your Own PICKit 2 - Electronic Products

 

f:id:JH1LHV:20151019184605j:plain

公式の Microchip 社のウェブページでは、12F1822 が使える「PK2DeviceFile.dat」が見つけられなかったので、わたしはこのウェブサイトからダウンロードしました。

 

f:id:JH1LHV:20151019185350j:plain

ダウンロードした「PK2DeviceFile.dat」に置き換えると、「Device File Version」は 1.62.14 にアップデートします。 

 

f:id:JH1LHV:20151019185240j:plain

12F1822 がリストに表示されました。

 

PIC 12F1822 に HEX データを書き込みます

あとは、PicKit 2 でデータを書き込むだけです。

f:id:JH1LHV:20151018155215j:plain

 

f:id:JH1LHV:20151019190636j:plain

Pickit 対応 ICSP 書き込みアダプター」のジャンパ設定です。

 

f:id:JH1LHV:20151019185516j:plain

「Read」で HEX データを読み込み、「Write」で書き込み。

ものの数秒で書き込みは終了します。

 

f:id:JH1LHV:20151018155700j:plain

PIC を交換して動作確認です。

ちゃんとモールスが聞こえてきます。ホッ。

 

Arduino で書き込もうと何時間も粘ってましたが、結局は PicKit 2 で簡単に書き込むことができました。

 

余計なことはせず、標準スタイルで書き込みすればよかった。。。

やれやれ。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ