JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

「夢の図書館」を応援したい

100年分8000冊の技術雑誌が読める私設図書館を開設するプロジェクト。

 

昔、ラジオ少年だったというハムが待ち望んでいた、そんな「夢の図書館」が、

クラウドファンデンングで進行中です。

 

アイデアはあるけど実現するための資金が足りない。

そんなクリエイターや起業家をインターネットを使って応援するのが、

「クラウドファンデンング」ですが、

 

こんな素晴らしいプロジェクトなら応援しなくっちゃ。

 

ということで、

ポチッと応援させていただきました。

 

readyfor.jp

 

蔵書リスト を見ていると、懐かしい雑誌ばかりで。。。

早いとこ図書館に行って、この手でページを捲りたいものです。

 

ハムとして「CQ」と「ハムジャーナル」の蔵書数が少ないのは少し気になるところですが、

「初歩のラジオ」や「ラジオの製作」は創刊から全て揃っているようですし、

十分に懐かしめると思います。

 

国会図書館でも古い雑誌は読めるのですが、

読みたい本を手に取って確認できるシステムじゃないので、

街の一般的な図書館と違って、正直、ちょっと面倒ですよね。

 

この「夢の図書館」の場所は高尾なので、

自宅がある調布からは、京王線一本で行けますし。

 

また、ひとつ。

生きる楽しみが増えました。Hi