読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

秋月電子の「トライアック万能調光器キット」を作る

今どきのハンダごてには温度調整機能なんてものは最初から付いてはいるのですが・・・

 

今さらながらでありますが、

随分前に買ってそのまま放り出していた「秋月電子の調光器キット」。

昨日今日で作ってみたので、その過程をアップしておきます。

 

トライアック万能調光器キット(20Aタイプ): 組立キット 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

f:id:JH1LHV:20161012194438j:plain

秋月電子で 600円 のキットです。
このキットに付属しているパーツ以外に、

  • ヒートシンク(トライアック放熱用)
  • フィルムコンデンサ( 0.047uF × 1、0.22uF × 1)

も、あった方が良いので合わせて購入しておくことをお勧めします。

 

キット組み立て

 

パーツが少ないので、ハンダ付けはすぐに終了しちゃいます。

f:id:JH1LHV:20161012194947j:plain

パーツのリードを基板のホールにピッタリ合わせるため、
わたしは、デバイダーを使ってます。

f:id:JH1LHV:20161016155122j:plain

使っているのは、ステッドラー製のデバイダー(559 55SK-J)です。.

 

f:id:JH1LHV:20161012195033j:plain

デバイダーの足の広がりから、リードベンダーの位置を決定します。

 

f:id:JH1LHV:20161012195204j:plain

先日作ったリードベンダーが抵抗にピッタリはまるので、
なかなか良い感じです。

 

f:id:JH1LHV:20161012195247j:plain

ということで、抵抗が基板に綺麗に収まりました。

 

f:id:JH1LHV:20161015155101j:plain

パーツが基板に綺麗に収まるって・・・精神的にもとっても気持ちイイ!

 

3Dプリンターでケースを作る

 

ケースは3Dプリンターで作ることに。
今回は、Fusion360 で図面を描いてケースを造形してみました。   

f:id:JH1LHV:20161016145304j:plain

ケース本体はこんな感じです。(厚みは 1.5mm です)

 

f:id:JH1LHV:20161016145316j:plain

これは上蓋です。

Fuison360 はホント良くできたモデリングツールです。
今回のような簡単な穴があいてるだけのケースならノギス片手に 30分 もあれば図面は完成してしまいます。

 

ケースに入れて最終仕上げ

f:id:JH1LHV:20161015155459j:plain

ケースの造形には5時間近くかかりました。(PLA 使用)

 

f:id:JH1LHV:20161015165058j:plain

ケースに穴をあける必要がないって・・・3Dプリンターって超便利ですね。

 

f:id:JH1LHV:20161015171513j:plain

f:id:JH1LHV:20161015171549j:plain

最終的に、こんな感じに仕上がりました。
ABS + アセトンで仕上げれば、表面はもっと綺麗に仕上がるはずですが、扱いが面倒なので。。。
・・・ま、ケースだしね。。。


動作は扇風機を使って確認しましたが、まぁ予定どおりに動いてくれました。 

 

以上です。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ