読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

3Dプリンターで「はんだリール台」を作ってみた

3D Printer

糸はんだの取り出しがスムーズになる!?

そんな「はんだリール台」を3Dプリンタで作ってみました。

 

f:id:JH1LHV:20161215194623j:plain

今回作ったのは、写真内の下ふたつ。

 

f:id:JH1LHV:20161215195155j:plain

はんだリールを使うと、

ハンダがスルスル~っと取り出せるようになるので作業効率は格段にアップします。

 

わたしはハンダ付けする対象によって、

0.3mm~1.2mm のハンダを使い分けているのですが、

写真の既製品一つだけじゃパーツに合わせてハンダリールを交換するのが面倒で。。。

 

もう一つ、同じもの買おうかと迷っていたのですが、

「やっぱりここは、3Dプリンタでしょう」

ということで、Thingiverse から適当なヤツ探して造形してみました。

 

Solder Spool Holder

まず、1つ目です。

 

f:id:JH1LHV:20161215202906j:plain

www.thingiverse.com

 

Thingiverse には幾つかの「はんだリール」が登録されていますが、

今回はその中から2つを選択して造形してみました。

 

まず一つ目は「ベアリング」を使ったヤツです。

 

f:id:JH1LHV:20161215205652j:plain

f:id:JH1LHV:20161215210302j:plain

必要なパーツは3つです。

 

f:id:JH1LHV:20161215210117j:plain

ベアリング(内径 : 8mm、外径 : 22mm、厚さ : 7mm)をハメ込みます。

 

f:id:JH1LHV:20161215210215j:plain

ハメ込む時、きつくて・・・床に置いて足を使って体重をかけたら入りました。 

 

f:id:JH1LHV:20161215210410j:plain

ハンダ穴用の出っ張り部分はボンドで接着します。

 

f:id:JH1LHV:20161215205941j:plain

完全に接着するまで、このまま丸1日放置します。

 

f:id:JH1LHV:20161211200349j:plain

回転する側のポッチをベアリングの内側にはめ込んでみたのですが・・・な、なんと、ゆるゆる。。。

 

f:id:JH1LHV:20161211201032j:plain

ベアリングの内径に合わせて作り直そうかとも思ったのですが、

ビニルテープを巻いてごまかすことにしました。(使い勝手が良ければ作り直そうかな。)

 

f:id:JH1LHV:20161211201501j:plain

これで完成です。 

 

f:id:JH1LHV:20161211201517j:plain

ハンダリールをテーブルに乗せてハンダの先を引っ張ってみたら、

なかなか良い感じにテーブルが回転してハンダを取り出すことができました。

 

Solder stand

続いて、2つ目です。

 

f:id:JH1LHV:20161215203138j:plain

www.thingiverse.com

 

 

 

f:id:JH1LHV:20161213200541j:plain

 f:id:JH1LHV:20161215203549j:plain

必要なパーツは2つです。

 

 f:id:JH1LHV:20161215195008j:plain

これまた、いい感じです。

底部に滑り止めが必要かなと思ったのですが、

ハンダリールの重さもあるので今のところは必要なさそうです。

 

とは言ってもハンダが少なくなると動いてしまいそうなので、

何か重りになるものでも考えたいと思います。

 

・・・ って、どちらかといえば、

ベアリングを使うヤツより、こっちの方が使い勝手は良さそうです。Hi

 

スライサー(Slic3r)の設定値

今回のプリントで使ったスライサの設定値は以下のとおりです。

f:id:JH1LHV:20161215190035j:plain

f:id:JH1LHV:20161215190044j:plain

f:id:JH1LHV:20161215190052j:plain

f:id:JH1LHV:20161215190105j:plain

f:id:JH1LHV:20161215190114j:plain

f:id:JH1LHV:20161215190128j:plain

f:id:JH1LHV:20161215190137j:plain

f:id:JH1LHV:20161215190145j:plain

f:id:JH1LHV:20161215190215j:plain

f:id:JH1LHV:20161215190254j:plain

f:id:JH1LHV:20161215190308j:plain

f:id:JH1LHV:20161215190317j:plain

3Dプリンターにおけるスライサーの設定は特に重要で、

ここで設定したことがそのまま造形物のクオリティに大きく影響するので、

プリンタの環境に合わせて試行錯誤を重ねて最適値を求める必要があります。

 

これまで色々試して・・・最終的に落ち着いたのがこの設定値であり、

とりあえず参考になるんじゃないかと、今回は全項目のキャプチャ画像をアップしておきました。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ