読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

ARDUINO CW KEYER を試してみた ~その30~

Arduino CW Keyer に接続している I2C デバイスのアドレスが分からなくなった時の TIPS です。

 

f:id:JH1LHV:20170111232028j:plain

f:id:JH1LHV:20170111231942j:plain

LCD(2004A)に I2C モジュールを追加してます。

 

Arduino の公式ページに掲載されている i2c_scanner というスケッチを使ってLCD の I2C アドレスを調査します。

 

ウェブに掲載されいるスケッチをコピペして Arduino CW Keyer に書き込むだけです。

 

f:id:JH1LHV:20170112195229j:plain

I2C バスをスキャンして接続されているデバイスのアドレスをシリアルモニタに表示してくれます。

 

f:id:JH1LHV:20170112195245j:plain

スキャンで判明した I2C アドレスにスケッチを書き変えます。

 

これで、LCD は正常に動作するようになります。

 

Arduino CW Keyer もそうですが、

Arduino に LCD とかの I2C デバイスを接続することって結構ありますよね。

 

ところがこれら I2C デバイスをいざ使おうと思ったとき・・・

モジュールのアドレスなんてすっかり忘れて分からなくなっているもので。。。

 

そんな時、アドレスを書き付けたメモを探すよりも先に、

このスケッチを使ってシリアルモニタに I2C アドレスを列挙させた方がよっぽど早く対応できます。

 

ジャンク箱に眠っている、そんな I2C デバイスがあれば、ぜひお試しあれ。 

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ