読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

こどもパソコン「ai.Jam-T」キットを作る

aitendo の IchigoJam-T 完全互換キット「ai.Jam-T」を組み立ててみました。

 

www.aitendo.com

 

f:id:JH1LHV:20170225144052j:plain

 

「こどもパソコン」って銘打ってるけど、組み立ては少々厄介で、

  1. 面実装タイプのマイコンチップのハンダ付け
  2. ファームウェアの書き込み

が必要です。

 

基板にパーツをハンダ付けします

 

まずは一番厄介で、このキットの肝になるマイコンチップのハンダ付けから。

TSSOP パッケージの 28 ピンでピッチは 0.65mm なので、ここはホットエアガンの出番です。

 

f:id:JH1LHV:20170225144150j:plain

基板の中心部分にマイコンチップを取り付けます。

 

f:id:JH1LHV:20170225150757j:plain

ホットエアガンなのでクリームハンダを使います。

注射器型のクリームハンダペーストの先端に細めの針を取り付けました。

 

f:id:JH1LHV:20170225144428j:plain

面実装のハンダ付けなのでマイクロスコープを使います。

 

f:id:JH1LHV:20170225145107j:plain

フラックスを塗った後にクリームはんだをこんな感じに盛りました。 

盛り過ぎに注意です。

 

f:id:JH1LHV:20170225145425j:plain

マイクロスコープで確認しながら端子がピッタリ合うようにピンセットを使って微調整します。

 

f:id:JH1LHV:20170225145454j:plain

こんな感じです。

 

f:id:JH1LHV:20170225150433j:plain

クリームハンダが溶けて艶のある銀色になるまでエアガンを当て続けます。

(今回は 350℃ にしてみました。)

 

f:id:JH1LHV:20170225150504j:plain

端子同士でショートしてないか電子顕微鏡で確認します。

ショートしてたらフラックスとハンダ吸い取り線を使って修正します。

(テスターを使って電気的な確認もしておきます。)

 

f:id:JH1LHV:20170225151044j:plain

マイコンチップさえ取り付けできれば、あとの作業は簡単です。

 

ファームウェアを書き込みます

 

ライセンスの関係なのでしょう。

aitendo のキットにはファームウェアは書き込まれてないので自分で書き込む必要があります。

f:id:JH1LHV:20170225175618j:plain

USB シリアル変換モジュールを使ってファームウェアを書き込みます。 

ai.Jam-T USB シリアル
RXD TXD
TXD RXD
GND GND

最初、ai.Jam-T の ISP と RESET を GND に落として書き込もうとしたのですが上手くいかず、

最終的にこの3本だけにしたらあっさりファームが書き込めました。

 

書き込みソフト:Flash Magic  (FlashMagic.exe をインストールします。)

ファームウェア:IchigoJam 公式 (現在は IchigoJam ver 1.2.1 が最新です。)

 

f:id:JH1LHV:20170225195318j:plain

Flash Magic に必要な設定をして「Start」で書き込みます。 

 

f:id:JH1LHV:20170225175738j:plain

ということで、「IchigoJam BASIC 1.2.1mn」が 起動しましました。

 

f:id:JH1LHV:20170225233925j:plain

L チカで動作確認してみます。

 

f:id:JH1LHV:20170225234349g:plain

実際の点滅はもっとゆっくりです。

 

  

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ