JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

AideTek BOX-ALL でチップ部品を整理してみた

チップ部品ってとっても小さくて・・・

 

いざ使おうと必要な値を探すにも、

整理が適当で、ただ箱の中に放り込んでるだけだったりすると・・・

種類も沢山あるし、もう探すのも面倒になって、ハンダ付けするのも嫌になっちゃいます。

 

ということで、

今日はチップ部品の収納整理に便利な AideTek BOX-ALL のパーツケースをご紹介します。

 

f:id:JH1LHV:20170216222945j:plain

写真上:ケース表面、写真下:ケース裏面

 

amazon だと @3,000 ですが、AliExpress だと 2つセットで 4,000円なのですっごくお得です。

(さらに安いショップもありそうですが。。。)  

抵抗やコンデンサ、その他のパーツで分けることもできるので、

最初から2つ買った方が良いと思います。

 

大きさなどの仕様については上記のリンクからご確認いただくとして、

ここでは私がやった収納整理の過程を画像を中心でアップしていきたいと思います。

 

f:id:JH1LHV:20170216222635j:plain

大きさは A4 より若干小さめで・・・これだと、B5 サイズかな。 

 

f:id:JH1LHV:20170216222820j:plain

ケースを開くと、こんな感じ。

(横12×縦6)×2面 = 144 種類が収容できます。

 

横12 ってとこも good で、

抵抗などのラインアップである E12 系列や E24 系列で美しく収納することができます。 

www.resistorguide.com

 

E12系列の抵抗とコンデンサならこのパーツケースひとつで大丈夫です。 

f:id:JH1LHV:20170304155718j:plain

ケースの裏面が説明書?

 

f:id:JH1LHV:20170304155548j:plain

ひとつの穴は1円玉が2/3くらい入る大きさです。

フタもしっかり閉まり少しの隙間もないので小さな SMD が外に飛び出すことはまずないと思います。

ただ、フタのロックが異常なほどの固さで・・・開ける時に指が痛くなるほどです。

 

さて、それではチップ部品の収納状況を画像でご覧ください。

 

f:id:JH1LHV:20170302212521j:plain

現在手持ちの、0805(2.0mm×1.25mm)、1206(3.2mm×1.6mm) の SMD を収納します。

 

f:id:JH1LHV:20170304122459j:plain

専用のラベルシールが付いてきましたが、

わたしはテプラ(9mm白)を使って上の写真のように値などを3行で印刷しました。

 

f:id:JH1LHV:20170304174804j:plain

このテプラを使ったラベル作成とケースへの貼付作業が一番手間がかかりました。

ホント、しんどかった。。。

まぁ、後々のことを考えれば・・・このくらいのことは・・・と思いたいです。Hi

 

f:id:JH1LHV:20170304122646j:plain

抵抗とコンデンサ+その他で、とりあえず2つに分けました。

 

f:id:JH1LHV:20170302224534j:plain

中華から購入したチップ抵抗なんて、こんな感じでなんて書いてあるのか全く読めないので、

真面目に使おうとすると今回のようにパーツケースにキチンと値を書いて整理する必要があります。。。

 

f:id:JH1LHV:20170304112134j:plain

それに、使うときに、いちいちこんな感じに切り取って・・・テープ剥がして・・・値をテスターで確認する・・・

こんな繰り返しをしていては作業効率はすこぶる悪いし・・・やってられません。

 

f:id:JH1LHV:20170302213111j:plain

f:id:JH1LHV:20170302213553j:plain

f:id:JH1LHV:20170302213027j:plain

ケースに収納する前にチップ部品の値を確認します。

1シートで1個、SMD テスターを使って確認しました。

 

一般的なテスターにチップ用のプローブを付ける方法もありますが、

ピンセットと同じ感覚でチップを挟んで視線を動かさずに値が読めるという、

SMD 専用のテスターはやっぱり便利ですね。

 

f:id:JH1LHV:20170304113200j:plain

固いフタのロックはピンセットの頭を使うと簡単に開けることができます。

 

f:id:JH1LHV:20170304115504j:plain

ひとつ当たりのマスの口が小さいのでチップを収める時にこぼれ落ちないように紙をふたつに折って使います。

 

f:id:JH1LHV:20170304115306j:plain

代表のチップを1、2個選んで値を測定します。

 

f:id:JH1LHV:20170304122205j:plain

該当する値のラベルのロックを外して、チップを流し込みます。

 

f:id:JH1LHV:20170303225040j:plain

これ、チップを取り外した後の残骸です。

 

f:id:JH1LHV:20170304122546j:plain

全部入れ終わりました。

 

ここまでの作業に丸1日を費やしてしまいました。。。

 

まぁ、パーツケースとしてはコンパクトですが、

作りはしっかりしていて耐久性もありマスの数も144個と必要十分だし。

 

逆さにしても、たとえ振り回したとしても、

小さなチップ部品は絶対に外へこぼれ落ちることはありません。

 

種類が多くて整理するのも厄介な SMD パーツを、

ホント、気持ちよく保管できる・・・最高のケースだと思います。

 

ただし、フタのロックが固すぎる・・・これだけが唯一の欠点ではありますが。。。

 

  

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ