JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

Weekend Project UHF radio station を作る

ウェブを巡回していて偶然見つけたスロベニアの週末プロジェクト。

UHF トランシーバのキットです。

 

430MHz 帯の FM トランシーバがケース付きで1万円以下で入手できるとあって

完全にノリと勢いだけで4月に入手しておりました。

キットは VHF と UHF の2種類あって、わたしは UHF の方を選択です。

 

組み立ては先週の週末に終わっていて・・・

今日はその時に撮影した写真を中心にアップしていきます。 

 

f:id:JH1LHV:20170727210214j:plain

f:id:JH1LHV:20170729131410j:plain

Weekend Project UHF radio station - UK_KIT

回路図入りの組み立てマニュアル、操作マニュアルも上記からダウンロードできます。

 

DORJI DRA818 モジュール

DRA818 がこのキットのキモ。

ほぼ、このモジュールひとつでトランシーバ(DSP)を構成しているので、 

あとは LPF、MIC、スピーカを取り付けて、PIC 等のマイコンを使ってコントロールするだけです。  

f:id:JH1LHV:20170729101224j:plain

データシート:http://www.dorji.com/docs/data/DRA818V.pdf

DRA818 は ebay で1,300円程度で購入できます。

 

f:id:JH1LHV:20170729125840j:plain

f:id:JH1LHV:20170729125852j:plain

モジュール自体は柔軟仕様になっていて、

広帯域で、送信/受信周波数の独立設定、出力、CTCSS、SQ、RX レベル など・・・

UARTインターフェスで簡単にプログラムすることができます。 

※ただし、LPF を入れないとスプリアスが大きいので要注意です!

 

Weekend Project UHF radio station を作る 

ということで、DRA818 を使った UHF FM トランシーバーの組み立てを開始します。

 

f:id:JH1LHV:20170727202456j:plain

到着まで、ひと月近くかかったかな。

 

f:id:JH1LHV:20170422224759j:plain

梱包は丁寧です。

 

f:id:JH1LHV:20170422224932j:plain

f:id:JH1LHV:20170716161411j:plain

追加料金を払ってパネルにコールサインを入れてもらったんだけど・・・

フロントとバックパネルの素材が、な、なんと厚紙を使ってるし・・・がっかりです。

それと、バックパネルのスピーカと電源ケーブルの穴は逆になってるし。。。

 

f:id:JH1LHV:20170716161630j:plain

キット一式です。

 

f:id:JH1LHV:20170422225623j:plain

トランシーバのキットの割にはパーツすくなっ。DRA818 の威力は凄い!

 

f:id:JH1LHV:20170716161644j:plain

基板のアップです。

 

f:id:JH1LHV:20170716161934j:plain

同梱されてきたパーツリストです。一応パーツに不足は無いかチェックしておきました。

 

f:id:JH1LHV:20170717124309j:plain

f:id:JH1LHV:20170717154703j:plain

作業途中をパチリ。

 

続いて、LPF のコイル作成です。 

f:id:JH1LHV:20170729180351j:plain

f:id:JH1LHV:20170717193502j:plain

3mmΦ のドリルを使って巻きます。

 

f:id:JH1LHV:20170717193712j:plain

3回巻き付け。

 

f:id:JH1LHV:20170717195358j:plain

3個作ります。(先端のやすり掛けはしっかりと!)

 

f:id:JH1LHV:20170717201136j:plain

全てのパーツをハンダ付けしました。

 

f:id:JH1LHV:20170717204322j:plain

添付のフラットケーブルを一本ずつハンダ付けするのは面倒なので、

ピンヘッダとピン付フラットケーブルで手抜きです。

 

f:id:JH1LHV:20170717204244j:plain

ここで電源を投入して LCD 表示を確認しておきます。

 

f:id:JH1LHV:20170717214828j:plain

パネルを取り付け最終配線です。

最終的にスピーカは添付品じゃなくもっと大きな手持ちのやつと交換しました。

(添付品がショボくて・・・取り付け時に端子がポロっと外れて壊れてしまいました。)

 

f:id:JH1LHV:20170727204029j:plain

ボリュームのシャフトが長過ぎるので適当な長さに切断します。

 

f:id:JH1LHV:20170717215514j:plain

LCD を貼り付ける時、上下を間違わないように!

 

f:id:JH1LHV:20170717234511j:plain

こんな感じになります。

 

f:id:JH1LHV:20170717234545j:plain

上から撮影

 

f:id:JH1LHV:20170718000224j:plain

上蓋をはめて完成です。

流石、週末プロジェクトです。

ハンダ付けのパーツ点数も少ないので週末1日もあれば完成してしまいます。

 

f:id:JH1LHV:20170727205000j:plain

送信試験(ダミー)のため、マイクを調達。

今どき4Pのマイクなんて持ってないので、RS-918SSB (mcHF) のマイクを流用することに。

 

f:id:JH1LHV:20170729165303j:plain

RS-918SSB (mcHF) のマイクを使うため、3.5mm 4極ミニプラグの端子配列を調査です。

 

f:id:JH1LHV:20170718124311j:plain

端子配列も分かったところで、

UHF radio station の 4P コネクタと接続するための変換アダプタを作成します。

 

f:id:JH1LHV:20170718165934j:plain

・・・で、急遽、こんな感じのアダプタを作りました。

 

f:id:JH1LHV:20170718170035j:plain

マイクと接続するとこんな感じになります。 

 

f:id:JH1LHV:20170718213336j:plain

メリット5で会話中の 432.72MHz を受信中です。

 

シグナルメータが無いのは残念ですが、

FT-857 と比べるも音は悪いですがしっかり受信してくれました。

で、送信の方ですが、ダミーを接続して測ったところ、たったの 0.4W しか出力しません。

DRA818 の pin7 は H(ハイ)になっているのですが、LPF を通さず直接 pin12 で測っても変化はありません。。。

 

モジュールの性能としては公称通りに 1W 程度のパワーは出力すると思うのですが・・・

何か他に原因があるのか、もう少し調べてみようかと思います。

場合によっては、UART でモジュールにパラメータを直接書き込んでやろうかと思います。

 

それと、DRA818 + Arduino + LPF の構成でハンディ機も作ってみたいので

モジュール単品を幾つか購入しておきたいと思っております。

 

今回のキット。

最後の最後でしっくりこなかった。。。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ