JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

コールサインが受信できれば CW で交信できる?

ハムで CW というと、すぐに欧文が思い浮かぶと思います。

そしてこの欧文ですが、昔と比べてその運用スタイルも随分変わりましたよね。 

昔だとバンドをワッチしていても、QTH、QRA といった Q符号や、RIG、WX などの略号が入った交信をよく聞いたものだけど。
ところが今では、ほぼリポート交換だけというコンテストスタイル。

欧文のラグチュウは和文よりもハードルが高いから、どうしてもラバースタンプになりがちなのはわかるけど。
それなら「いっそのこと 599BK だけでもいいじゃない・・・」っていう流れかどうかはわからないけど、毎日が「コンテストなの?」って勘違いするほどのショート QSO が花盛り。

近頃では仕事をリタイアした OM 諸氏による移動サービスも盛んなこともあってか、普通の交信でさえも QTH を地名で送信せずに JCC や JGG ナンバーを使うので、ハムの世界も効率化に向かっているようで・・・ちょっと寂しい。

それと固定局にもかかわらず CQ の最後にこれらのナンバーを続けて送信していたら注意が必要だよ。
こういった局は、最初から 599BK のようなショートな QSO を望んでいるから、QTH や QRA などの長いフレーズなんか送信しちゃダメで控えるのがベストだからね。

まぁ、いずれにしろ、今の CW の運用ってショートで済ませることが定着しているので、昔に比べたら今の方が CW へ参入しやすいんじゃないかな。

このようなスタイルで交信することの善し悪しについては置いといて、コンテストスタイルの交信はとっても簡単だってこと!

 

コンテストスタイルの CW で必要なこと。
それは、相手のコールサインを間違いなくコピーすること。この一点だけです。

 

相手のコールサインがコピーできたら、もう交信できたようなものだから。
極端なこといえば、コールサイン以外のすべてを取りこぼしても、数か月後にはちゃんと QSL カードが送られてきて交信を証明してくれるからね。
そして自局のコールサインや RST の送信は、無線機のメモリ機能やパソコンを使って、クリック、ポンで OK だよ。
こういう運用はコンテストじゃ当たり前で、み~んなやってること。

 

欧文を覚え始めて、なんとかコールがとれるようになったら・・・
もう、じゃんじゃん交信しましょう、ってことです。

 

そして交信するなら7メガがいいね。
クラスタに上がっている移動運用のサービス局が狙い目かな。
こういう局は 100% がコンテストスタイルで、しかも CQ を繰り返して連呼してくれるので、しばらく聞いていれば必ずコールサインはコピーできるから。 

  1. CQ 局のコールサインを何とかコピー(受信)する
  2. コピーできたらメモリに登録した自局のコールサインを送信する
  3. 応答があったら、599 BK を送信する
    自分が呼ばれたかどうかは・・・自分のコールサインだけは不思議とどんなに速いスピードでもわかるものです。

基本的にはこれだけ。一度も自分の手で送信することはないよ。
タイミング的に最後に TU を送信する必要があるかもですが・・・まぁ、大丈夫でしょう。

 

時間がかかっても相手のコールサインがコピーできる程度の受信能力があれば大丈夫ということ。

 

モールスは聞けば聞くほど、必ず上達するから。
最初はうろ覚えでも構わないから、このコンテストスタイルで交信を続けることが肝要だよ。

それで送信だけど、ホントに何もしないで大丈夫なのか気になるよね。
こっちの練習はずっと後でも間に合うし、焦りは禁物だよ。
まずはコンテストスタイルの交信に慣れて、「受信能力も上がってきたなぁ~」と感じてきたら、エレキーでも使って練習してみるのがいいね。

ということからも、
わたしは「コールサインの受信」ということに強いこだわりを持っていて

過去に PIC を使って「コールサイン受信トレーナ」を作ったり、拙作の cw mania にコールサインの聞き流し機能を盛り込んだりしてきました。
 

 


受信に不安があっても、今日取り上げたコンテストスタイルならなんとかなるけど、やっぱり将来的には高速で送信するコールサインを一発でコピーしたいよね。
そのために必要なことは、コンテストスタイルの運用と並行して耳を鍛える訓練で、たとえばコールサインだけをランダムで聞き続ける、なんて効果あるかな。
ある意味、上達するには少しの苦行は必要だね。
 

f:id:JH1LHV:20180315223210j:plain

この練習機だけど、ちょっとした空き時間を利用して受信練習がしたいっていうニーズもあって、もっと小さく作り直して機動性を持たせたいなぁ~って。
表面実装パーツを使えば 500円玉くらいまで小さくできるんじゃないかな。
そして二重リングでも取り付けてキーホルダーのように持ち運べるようにしたらいいんじゃないかって。
この小型化はそのうちやってみようかと思っています。
 

 f:id:JH1LHV:20180314212815j:plain

download: cw_mania_v.0.69.zip 直

 

cw mania の目的は受信能力を向上させること。
基本的には、「次々に流れてくるコールサインをキーボードで入力」して、正解や不正解を判定して正解が続けばモールスのスピードが少し速くなる、これの繰り返し。
「Call Sign 流し聞き」もできるので、コンテストスタイルで CW を始めたばかりのビギナーにも十分に活用できると思うよ。気が向いたら使ってみてね。

 

とにかくコールサインを、聞いて、聞いて・・・聞きまくることが重要だよ。

 

アルファベットと数字からなる6文字の規則的なモールス(JA の場合)のリズムに慣れることって、受信能力を向上させるために必要な重要なファクターだからね。

コンテストスタイルを取っ掛かりにして、和文まで突き進んでくれたら・・・本当に嬉しいけどなあ。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ