JH1LHVの雑記帳

和文電信好きなアマチュア無線家の雑記帳

Raspberry Pi 3 Model A+ 入手

Pimoroni のメールで知った新しいラズパイ。

先週には届いていたのですが、本日ケース入れだけやってみました。


Raspberry Pi 3 Model A+ 

https://shop.pimoroni.com/products/raspberry-pi-3-a-plus

f:id:JH1LHV:20181125121852j:plain


f:id:JH1LHV:20181125101741j:plain

f:id:JH1LHV:20181125102007j:plain
DHL で1週間ほどで到着しました。

 


基本スペック

f:id:JH1LHV:20181125115324j:plain

RasPi 3B+ と同じ最新CPU(BCM2837B0 @1.4GHz)を搭載して、価格は 25ドル。
 

f:id:JH1LHV:20181125123617j:plain 
(上)2015年2月発売の Raspberry Pi 2 Model B(85.6 mm × 56.5 mm)
(下)2018年11月発売の Raspberry Pi 3 Model A+ (64 mm × 56 mm) 
インターフェースが必要最小限になり、長さが2cmほど小さくなりました。

Pimoroni ケースの組み立て 

f:id:JH1LHV:20181125102438j:plain

f:id:JH1LHV:20181125102535j:plain
ケースのパーツ一式です。

f:id:JH1LHV:20181125123006j:plain
底板の保護シールを剥がします。

f:id:JH1LHV:20181125123048j:plain
左上の方に ”1” と刻まれているパーツを底板の上に置きます。

f:id:JH1LHV:20181125123116j:plain
続いて "2" を重ねます。

f:id:JH1LHV:20181125123139j:plain
Raspberry Pi 3 Model A+ 本体をアクリルの枠に収めます。
ピッタリ収まります。

f:id:JH1LHV:20181125123150j:plain
続いて "3" を重ねます。

f:id:JH1LHV:20181125123227j:plain
最後に上板の保護シールを剥がして一番上に重ねます。

f:id:JH1LHV:20181125123320j:plain
5枚のアクリル板を綺麗に揃えて、4本のネジを上から差し込みます。
ピッタリ合っていればネジは簡単に挿入できます。

f:id:JH1LHV:20181125123419j:plain
裏側にして4本のネジにナットを取り付けます。
専用の ”ナット締め” が付いてきたので、これを使って締めてみました。

f:id:JH1LHV:20181125123515j:plain
完成です。

 

Pimoroni で購入した RasPi は、日本国内の技適はありません。
現行の規則では技適のない WiFI の電波は3m の距離において 35μV/m まで遮断する必要があります。実験する際はくれぐれもご留意ください。
 


 

にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ

にほんブログ村 

 


アマチュア無線 ブログランキングへ